野球をやろう!!
    BBAグラブ工房公式サイト
    野球グラブ・グローブサンプル

     

  営業10:00~19:00(水.木定休) tel&fax  0743-52-1405  Mail:bba@big.or.jp ⇒MAP 

グラブ誕生秘話

商品一覧

グラブ型付け

修理/お手入れ

グラブサンプル

博士の研究室(コラム)

グラブ博士の研究室


ZIPのジジと渡辺さん
【グラブ博士 梅原伸宏からのメッセージ】
 奈良県は国産野球グラブの産地で全国の約80%のシェアを誇ります。
 

 BBAグラブ工房がある大和郡山市も私が子どもの頃にはグラブ工場がいくつもあり、よく先代と遊びにっていました。しかし現在、県全域を見ても稼動しているグラブ工場、工房は激減し、数えるほどになりました。

 私は奈良県の先輩の熟練職人の方々が100年かけて進化させてきた大和の国産グラブ(地グラブ)の技術の粋を守りながらさらに新しいことに挑戦していきたいと思っています。  BBA、YAMATOグラブはG-LOVE(Give-LOVE)精神で親子の心のキャッチボールを基本に本物志向精神で製作しています。

 また、全国の野球競技者の応援の一貫として、グラブアドバイザーを養成しています。あなたの街でグラブのお手入れ方法を広めてください。現在十数名の方が活躍されています。 
 一度、グラブ工房に足をお運びいただき、和のグラブの世界を堪能してください。お待ちしております。

 




研究室について
こんにちは、野球グラブの研究をしている梅原伸宏です。

私は、国産の「和グラブ」の素晴らしさを一人でも多くの人に
知ってほしいと願いグラブ研究を始めました。

私のBBAグラブ工房がある地元奈良県は野球グラブが地場産業で
100年の歴史と伝統があります。

アメリカやドミニカ共和国に行くと日本製のグラブ(メイドインジャパン)は
「スーパー!」「スペシャル!」と感動されます。

サンプルの私のグラブに手をはめるとすぐに「これがほしい」といわれます。
世界中にあるグラブ(メキシコ産、中国産、フィリピン産などの海外産)と
国産はどこが何がどう違うのでしょうか?

日本人のもの作りのこだわりの心だと思います。
島国の日本は資源が少なく道具を育てながら
使っていくという文化があります。
先輩の職人さんたちも縫製や革の裁断時のこだわりは
素晴らしい世界観があります。
私はそれを正しく継承し後世に伝承していきたいと思い日々活動しています。

                                            <目  次>
1.グラブ博士からのメッセージ
2.梅原の研究活動
 2-1研究活動歴
 2-2グラブマスター出版
 2-3アメリカ野球殿堂博物館
3.梅原と著名人との交流
4.グラブの歴史温故知新
 4-1日本の野球の歴史
 4-2国産グラブの進化
 4-3未来のグラブ アートグラブ
5.G-LOVE活動とは
 5-1東大寺大仏グラブ奉納実行委員会今年は奈良でグラブ製造100周年
 5-2ドリームキャッチャー
 5-3ドミニカの子どもたちに笑顔を
6.YAMATOブランドの活躍
 6-1金田投手が使用
 6-2バンクーバーの朝日の野球グラブを担当




1.グラブ博士からのメッセージ

大正4年(1915年)から奈良県で始まったといわれている(諸説ありますが奈良の三宅町にある
ビンテージグラブに1915年産というタグがついていました。
私の処女作のグラブバイブルにも書きました)
国産グラブ製造は、2015年でなんと製造100周年になります。

もちろん最初のグラブは、サンプルグラブだったでしょう。
一番最初にグラブを創ったのは、東京大学のある本郷町にあった工場が明治時代の終わりに
創ったという文献があります。(だから私は東大の野球部にグラブセミナーしてきました)

それから当時軍(海軍、陸軍)の革製品(手袋、革靴など)を
作っていた奈良県にグラブ製造の依頼が着ました。

戦争の道具から平和の道具にものつくりが変わっていきました。

私たちの大先輩方のグラブ職人達から受け継いだ宝の情報と技術と奈良独自の伝統です。
この記念すべきメモリアルの年に今までの100年間の奈良県で培った
グラブ製造の技術と歴史の温故知新を
皆さんと学び さらにこれからの未来の100年について一緒に考えたい行きたいと思います。
夢のある楽しく役立つ研究室にしていきたいと思います。宜しくお願いします。

    |2.梅原伸宏の研究活動

    梅原伸宏のグラブ博士としての研究活動をご紹介する前になぜ私がグラブの研究をしたか少しお話します。
    弊社は1966年に初代の梅原宏が脱サラしてはじめたのが「ミカサスポーツ」という
    田舎の小さなスポーツ店でした。

    1964年に東京オリンピックがあり、
    スポーツ熱も盛んでその時に野球好きの先代(父親)が野球を中心にした専門店を作りました。

    自分が子どものときには兄弟も多くグラブは買えず、
    よその子どものグラブを見て「いいな〜、いつかは自分もあのような高級なグラブが
    ほしいな〜」と強く思ったそうです。

    その思いがつのり30歳を超えてからミカサスポーツを創業する動機になったそうです。
    ミカサという屋号は私の祖父【父の父】が三笠うどんという大きなうどん問屋をしていたからだそうです。

    最初は1日500円のドッチボール1個しかない売上の中
    努力してその後、奈良県で野球の修理といえば
    ミカサスポーツといわれるようになりました。

    先代は、自分でグラブ工房に足を運んで修理の方法を学びました。毎日縫いピーや金具交換、
    グラブのレース修理をしている姿がとても印象的でした。
    私も小さなときからそのお手伝いをしてきました。

    地元の選手が安心して修理に来る田舎の地域密着型の野球専門店、それがミカサスポーツでした。

    ミツワタイガーの展示会で掛布選手と父と

    私が小学校で野球をしたのでグラブ製造に興味を持たっこともあり何度が小さな
    私をいろんなグラブ工房につれていってくれました。

    しかし、私は高校1年のときに父は病気で倒れました。
    私は高校生のときにクラブ活動をやめて授業が終わると
    今のBBAまで帰ってきて母が病院にいき、私が店番をするという生活を2年間続けました。

    その時に独学でスポーツ用品の商品の材料、使い方、修理の方法を学びました。
    多くのグラブメーカーの
    営業マンの方も私達親子を応援してくれていろんなことを教えてくれました。

    父がなくなる前々日に「グラブの説明がしたい」と私を病室に呼びました。
    グラブの構造や型のつけ方、オイルの塗り方など自分が長年培ってきた方法を伝授してくれましたが
    私は高校生でした。翌日、親父は「後は任した」といってなくなりました。

    良くTVや新聞でお話しましたが、この体験エピソードがなかたっら
    私はここまで深く野球のグラブのことを研究しなかたっと思います。
    弊社のグラブはまさに親子の思いが詰まったグラブです。

    BBAの歴史もごらんください 

     

      

    BBAグラブは最初すべてマロンカラーでした。
    マロンという色には親子の絆という意味があります

    2000年頃から大手グラブメーカーが人件費の安い海外に生産拠点を移行していきました。
    そんなときに地元のグラブ職人さんや材料屋さんなどで
    純国産の奈良産のグラブを未来100年先まで残したいと相談を受けて
    BBAグラブを立ち上げました。

    といってもまったく無名のグラブメーカーです。
    2003年の時点でBBAのグラブ売上は1年間でたった10個でした。
    田舎の知名度のないどこの馬の骨ともわからないグラブを奈良まで買いに来る人もなく
    インターネットで紹介してもまったく売れない状況が続きました。

    そこで私はグラブ研究ノートの最初のページにマジックで大きく書きました。
    そこには

    1)新聞に載る
    2)TVにでる
    3)本を書く
         

    これがBBAグラブの研究の始まりでした。お蔭様でこれが2007年(4年間)で全て完成され
    「グラブ・バイブル」という本がベースボールマガジン社から出版され全国の指導者、熱心な保護者
    野球経験はないが子どものグラブ指導に本気の保護者にたくさん出会うことが出来ました。感謝です。

    BBAとはベースボールアカデミーの略ですが東日本の震災復興のときに東北で知り合った地元の中学生から
    「ベースボール愛してる」ですよねといわれました。
    まさにG−LOVE(ジーラブ)精神です。嬉しかったです。

 BBAの「グラブ型つけ」は他のメーカーのと何がどう違うのか?

BBAの「グラブ型つけ」は他のメーカーのと何がどう違うのか?
手と一体になる魔法のグラブ


★たった2%が世界を変える


人間とチンパンジーの遺伝子の違いをご存知ですか?
その違いはたった2%!!その差がこの数百年で人類は月まで行き
電気をつかいインターネットまで開発し便利な社会と文明を作りました。
しかし、チンパンジーはそのままです。

これはたった2%の違いの前頭葉の未来を予測する力、
改良する創意工夫能力の違いなのです。
動物は今を生きます。お腹がすいたら餌をもとめお腹がいっぱいになれば一服する。
しかし、人類は違います。 未来という時間感覚を持ち夢を見てより良い選択をしてそのために手と指という武器を上手に生かして
壮大な夢(車を作る、空を飛ぶ、写真を撮る、動画を観る、録画する) を次から次に達成し改良してきました。

そうです。たった2%
だからグラブの事も使い方もたった2%の情報を学べば世界が変わるのです。

ではグラブの世界は一体何が違うのでしょうか?

グラブの型付けでの2%とはズバリ「対立運動」と「位置覚」です!

多くの指導者や選手は知らずに野球を卒業されます。
例えば、ミットなら捕手用ならすべて同じなのでしょうか?
硬式用グラブならどのメーカーのでも 同じ使い心地、装着(はめ)具合は同じなのでしょうか?
違いますよね。あなたのグラブに位置覚がありますか?
対立運動しやすいグラブですか?ストレスなく逆シングルできますか?

 

★グラブの革は呼吸する!

 

グラブの革の表面をカバンや靴のようにコーティングしている なら色落ちはしにくいでしょう。
しかし、革は固くて指先の細かい動きは再現できないでしょう。

グラブの革は牛の革を使います。 何故でしょうか?
野球の誕生したアメリカは牛の肉を食べます。

そしてその牛を育てるのはカウボーイの仕事です。 カウボーイの乗り物は馬です。
アメリカ人は牛を食べる文化はありますが馬を食べる文化はありません。
以前に水牛でグラブを作ろうとしましたが 革が固すぎてひっくりかえせませんでした。

 

この点、牛の革は最高です。
馬の馬具が基本的牛の革です。 そして世界で1番最初のグラブ工房は馬具屋さんでした。

その時の色がローハイドカラー(茶色) だからビンテージグラブはずっと茶色なのです。

今では染色の技術が進みカラフルなカラーのグラブができていますが、、、

 

牛の革は生まれて1歳までカーフ、1歳を超えてキップレザー、
2歳ぐらいでステア―ハイド、3歳以上のおじいさん牛はブルと言います。

実際に手にはめていただけたらわかると思いますが
BBAは、グラブの革の質感にこだわります。

かたつけしやすい革、指の細かな関節の動きの再現できる 形状記憶に最適な革を厳選しています。

 

まずは材料選びがものつくりの命です。

そして裁断作業、長年の経験でこの裁断作業でグラブは大きく変わることを発見しました。

それから縫製技術 製造工程、仕上げ作業、レース通しにもこだわっていますが革の伸びを意識した裁断、縫製手法これは

 

グラブ職人にはそれぞれ個性や世界観があります。

私は長年の研究から手のひらとのフィット感を大切に考えています。

 

●BBAの独自の型付け
 

BBAの型つけグラブは「対立運動」「位置覚」にこだわっています。
大阪市立大学の医学部の整形外科の先生と一緒にレントゲンをとってグラブの中における手の骨の動きを研究してきました。


その内容は本にもなりました。 グラブノート(日刊スポーツ出版) 

その本は英訳されベースボールの本場のアメリカのニューヨークにある野球殿堂博物館から表彰状まで頂きました。


BBAの「グラブ型つけ」は簡単に言えば 人の指の間接の細かな動きを 自由に再現できるようにグラブの革と芯とレースに
特殊な手法で形状記憶させたグラブなのです。

これができるのは今国内で私、梅原以外にあと2人だけです。

 

人は誰もが手に27個の骨があります。
その中でも特徴的なのは手根骨という 手首に8個ある石のような小さな骨です。

あなたがボールを掴んだりペンをつまんだり 紙をたたんだり丸めたり
鉛筆を持ったり文字を書いたり
パソコンのキーを自由に打ち 服を上手に来てベルトをつけれるのも
靴下をはけるのも 靴のひもを締められるのも 全てこの8個の魔法の骨の御蔭なのです。
 

しかし、市販の多くの既成グラブはこの手根骨の動きを止めています。

手根骨の動きはとても繊細で無数の可能性を秘めています。
宇宙に人が行けるこの時代でも ロボットでこの手根骨の繊細な動きを完全に再現する事は不可能といわれています。

人類の文明はこの手根骨の御蔭だと言っても過言ではありません。
 

対立運動は親指と薬指との連動運動です。
ボールを掴むときは必ずこの動きが必要です。 特に逆シングルするときには必要です。
だから私のグラブセミナーではまずはその部分をいろんな実験をして実際に体感していただいています。

 

すこし親指について学習しましょう。

机の上にボールを掴む、グラブをはめる側の手を置いてください。 指を大きく広げて、、
あなたの爪はどこを向いていますか? 人差し指、中指、薬指、小指すべて天井を向いていますね。
しかし親指だけは天上を向いていないでしょ。 これが対立運動なのです。

親指は内側に向いています。

しかし、多くの市販のグラブは手を入れるとわかるのですが親指が
立ったままでグラブの中心にはむいていきません。
むしろ市販のグラブは親指が外側に向いていきます。 これでは細かいハンドリングができません。

 

位置覚
 

私のグラブセミナーではボール回しというユニークなテストをします。
自分のお腹の前にボールを素手で持ちます。
「よーい!はじめ」という号令で ボール回しをしますが10秒で何回できるか?
実験します。 中学生で15回 高校生で17回前後です。

要するに素手ならこのくらい早く正確にできます。

しかし、次に自分の試合で使う大切なグラブ これで実験すると一気に回数は減ります。
10回できない選手が続出です。
全てがこれならそれでいいのですが 私の持っていったかたつけグラブで実験すると
この回数が平均2〜3回増えます。
 

ランナーは50m7秒で走ります。 1秒間に7m 0、1秒で70cm
握り変えが遅くなるとランナーが有利です。

0,2秒で1,4m 前回の試合のゲッツー崩れは
本当にゲッツーが間に合わなかったのでしょうか?それともグラブ選びのエラーでしょうか?

 
 

BBAはグラブの素材、縫製、かたつけ、使い方、そしてその後のメンテナンス 日頃のお手入れの方法までこだわっています。
 

1度あなたのグラブを持ってBBAグラブ工房まで遊びに来てみてください。
2%のグラブの世界が理解できると思います。

またグラブの試着無料サービスや東京で不定期に展示会をしています。

地方出張講習会もお気軽に御問い合わせください!

 

 

BBAグラブ工房  沿革 

BBAの歴史もご覧ください

2001年  国産グラブ販売のサイトBBAを立ち上げる
2002年  奈良産のブランドグラブを創る企画を考える
2003年  地元のグラブ職人、グラブの革問屋、芯材料屋さん、ミシン屋さんなどと打ち合わせして
     奈良産ブランドBBAを創る  
     最初は日本初の少年用トレーニンググラブ(BBA−TRS)を作成

2004年  野球上達小冊子「グラブ7つの秘密」を作成   
     「グラブのお手入れは心の手入れ」G-LOVE精神を発表
正しいお手入れ方法を小冊子にする
2005年  前頁カラー版 「グラブ大辞典」を作成   
      甲子園で旭川工業に指導した内容が朝日新聞の北海道版にカラーで掲載されマスコミから注目される
2006年  野球上達雑誌「ヒットエンドラン」にグラブ博士のグラブ基礎講座を5年間連載 
     TVや新聞でもたくさん紹介される  NHKでなげる〜んの野球肘予防の特集も組まれる
2007年  日本初グラブだけの本 「グラブバイブル」(ベースボールマガジン社)を発刊



新宿紀伊国屋本店で平積みしていただきました。
2008年  全国で「グラブの授業」を開始
2010年  絵本「グーランの冒険」(世界初グラブを擬人化したお手入れの絵本)を発表  
     作 梅原伸宏 画 梅原美樹(当時中学2年生の娘)



     アメリカの野球殿堂博物館から表彰される
     おはよう日本でBBAの活動が紹介される
2010年  グラブのお手入れだけのムック本「グラブノート」(日刊スポーツ出版社)を発刊 2011年  



     3月11日 震災と同時にG-LOVE活動を開始
2011年  DVD「グラブ・マネジメント」をリアルスタイル社より発売
2012年  ドミニカ共和国に中古グラブを届けるG−LOVE活動を開始
2013年  グラブの歴史と国産グラブの技術を公開した「グラブマスター」(日刊スポーツ出版社)発表



2014年  震災復興祈願1・6mの「夢グラブ」を東松島市のこども達約1000人と作成
2015年  東大寺様と世界初の3・6mの大仏グラブ奉納式の大仏プロジェクトを開始
野球殿堂博物館
アメリカの野球殿堂博物館から表彰状 
     



著名人との交流

(多くの方がBBAグラブ工房に遊びに来ていただいています)

 

ズームイン朝の福留功男さん

茂木健一郎

阪神の優勝請負人ランディーバースと元ドラゴンズのミットの師匠福田さん(元楽天スカウト)とゴルフしました

ズームイン朝の福留功男さんと感動のツーショット!いろいろ教えていただいています。

尊敬している茂木健一郎氏と・・「梅原さんはグラブのオタクだ」といわれました。

ウド鈴木さn

ゴルゴ松本さん 命

朝日TVの情報番組でピアノの上手なさゆりさんがグラブ工房にきてくれました。とにかく明るかったです。

キャイーンのウド鈴木さんがグラブ工房に遊びに来てくれました。なぜか「兄貴!」と読んでくれました。

「命」のゴルゴ松本さん(元高校球児野)と
本気の道具についてからいました。とても元気がありました。


楽天イーグルス今関さん
中日ドラゴンズ 荒木選手
震災復興G−LOVE活動で
元日本ハムの投手今関さんと広島の
渡辺氏と(当時は楽天球団でした)

せんと君もBBAグラブつくりに挑戦!
グラブ職人の熟練の張磨さんとBBA大好き少年と

沖縄のキャンプでドラゴンズの荒木選手とBBAのグラブ・ミットアドバイザー福田さんとスリーショット。たくさん学びました




グラブの歴史〜温故知新〜

⇒グラブの歴史についてはこちらもご覧ください
ベースボールはもともと「タウンボール」という子どものボール遊びでした。
ボールと木の棒があれば誰もが投げて打って走ってとなるのかもしれない。
1845年頃のニューヨーク・マンハッタンは木造ビルが密集し
一旦火事になると 全員で消火作業にあたった。
日頃デスクワークしかしていない銀行員にとっての バケツリレーはまさにハードワーク!
そこでアレキサンダー・カート・ライト氏が このタウンボールを改良してベースボールの元型にした。
(彼は野球の父としてアメリカの野球殿堂博物館に表彰されている)
 

 

1970年
もともとベースボールはボールとバットだけを使って選手は全員素手で行ってきた。
しかし、シンシナチ―・レッド・ストッキングのドッグ・アリソンが左手を怪我したのでミットを使用。
それが世界初のミット(グラブ)になった。

1875年
セントルイスの外野手、チャーリーワットが指先のない両手グラブを使用捕球してから送球できるグラブ 
その後内野手の、アルバート・スポルディングが指先まで隠れる現代のグラブの元型を使用
 
1890年  
野手全員がグラブを使用するようになる。
日本国内でもグラブを使用
1919年
セントルイスカージナルスのビル・ダークが画期的なアイデアを考える
当時投手でスピットボールが武器だったビルは、三塁コーチから
自分のボールの手のにぎりを見られるのを嫌い、平らなグラブに何とか
ポケットがほしいとグラブを改良。親指とひとさし指の間位にグラブ紐(レース)を通すことによって
人差し指の下にポケットを作成。
1920年〜
ポケットを創るウェッブがレースからトンネルループに進化

 

日本の野球の歴史
1872年  ホーレス・ウイルソン教師が日本に野球を指導 東京大学で 1884年  正岡子規 「バット一本、ボール一個を生命の如く」と野球に目ざめる 1895年  中馬庚(ちゅうまかのえ) BASE BALLを野球(やきゅう)と訳す 1888年  三田ベースボール倶楽部(のちの慶応大学硬式野球部) 1901年  早稲田大学の野球部創部        日本で野球が盛んになる  それと同時にグラブやスパイクという道具が必要になる
       日本初のグラブは東京の本郷町で作られた。(今その本郷町のグラブ工場はない)
1915年  奈良県でグラブのサンプルを作り始めたと伝えられている
1922年  奈良県の三宅町の坂下徳次郎さん兄弟が奈良県でグラブを大量生産し始めた。

 




 


 

|1. G−LOVE精神とは

⇒ G-LOVE活動のページもご覧ください


GLOVEの発音は「グローブ」でありません。「グラブ」です。
もしアメリカで「グローブ」と言えば違う意味にとられます。
”THE GLOBE”(グローブ)は丸いもので地球、球体という意味です。
また日本では「キャッチボール」と言います。本場アメリカでは”PLAY CATCH!”といいます。
どちらもボールをキャッチする。スローアンドキャッチでなくキャッチ、
つまり受ける捕球するという事が重要ということです。
相手のボールを受ける事から始まる。野球という競技はまずは相手の球を受けてからしかプレーは始まりません。
投手も審判からのボールをもらわないと投げれませんしゲーム中は内野も外野も
まずはボールを受け取ってから次の動作が始まる。

だからグラブはボールだけでなく相手の心も受け取る魔法の道具だと思います。
GLOVEのつづりのなかにはG−LOVEつまりジーラブと愛があります。
このGとはGIVEだと思います。まずは誰かにGIVEをしてその結果GIFTが返ってくる
そんな関係のキャッチボールっていいと思いませんか?
世界中に輪が広がっているG−LOVE活動です。
ドミニカ共和国の子どもたちにグラブを届けています。

ドミニカ共和国で一番大きな新聞社にG−LOVE活動が取材されました。


 カリブの子ども達にもグラブを送っています。BBA
はドミニカ共和国のアカデミーも応援してます。
メジャーを目指す彼らは私のトレーニンググラブを使用して
未来の夢を掴みに行っています。(下の写真)
 

 



2. 今年で奈良でグラブ製造100周年! 
奈良県でグラブ製造が大正4年、1915年に始まって今年で100周年になります。
100周年には大きな見えざる力が働くといわれています。
今年は東大寺様と3・6mの大仏グラブを東北の子ども達と
作成しそれを楽天球場に飾るという「大仏グラブプロジェクト」イベントをおこなっています。
東大寺、楽天球団をはじめ多くの方がこの世界初の活動に参加して頂いています。
100万人の夢シートもその巨大なグラブのおなかの中に入れます。

8月31日は東大寺様大仏殿横で最後のグラブ製作の縫製の仕上げをします。
12月26日は東大寺大仏殿でそのお披露目会(奉納式)を行います。
このグラブはその後1度奈良県のBBAグラブ工房のある郡山城ホールに展示されてその後
2016年3月11日に福島県いわき市で大お披露目会を行います。
奈良県のグラブの技術があったからこそできた
「国産の大きな大仏グラブ」を実際に見て感じてください。
詳細はこちらからURL:http://g-love311.com/ 




3. ドリームキャッチャー販売
軟式最高グラブ

完全別注文製です。
 
特徴 BBA独自のスペック
1)捕球面の革  最高級のUSAステアーハイド硬式用を軟式用になめしました。
  捕球面の刻印  DREAM CATCHER という刻印です。
  裏側     鹿革  DEERスキンを採用 有名なプロ野球選手も愛用したました。
  親指芯は世界に例のない特別な使用を採用  フィット感が最高です。
  薬指ループも創れます。
  ベルト部分に金具を装着  世界初

 
==================================
★金田さんと長島さんの1打席対決!その時に金田さんが弊社のヤマトグラブを使用!
 

★アメリカと日本のグラブの歴史を書いたグラブマスターが出版
それがアメリカの野球殿堂博物館で表彰   Tシャツも作りました!2000円(税込み)

|4. アメリカの野球殿堂博物館
私のドリームキャッチャーグラブで叶った夢の数々です。
野球の本場、アメリカの野球殿堂博物館に行ってきました。
まさに野球の聖地です。目的はアメリカでグラブの本を英語で書くためです。
あとメジャーリーガーが私のグラブを使用してゲームでチームに貢献してもらう。
今まさにこの壮大なドリームが形になりつつ進行しています。

私が写っている後の壁をFALL OF FAMEといいます。
NATIONAL BASEBALL FALL OF FAME (野球殿堂博物館)でその横に図書館があります。
全世界の野球、歴史、道具の書籍を全て管理しています。
その中で私のグラブの本は研究材料として正式に認めていただきました。

野球殿堂博物館
いつもイチローが記念写真を撮る場所だそうです。その貴重な場所で責任者のTIMとチーズ

|5. 国産グラブの進化
グラブの進化
内野手のグラブに薬指ループ加工をしています。
ソフトの女性にも人気です。
別注オーダーのみの対応です。



|6. 国産グラブの縫製技術を活用して
BBAが実際に採用しているグラブの革を使った財布を作りました。
ブランウンとブラックがあります。  28000円(税込み)


  

|7. グラブアート
 
世界初の切れ目のないマーブルデザインのアートグラブです。
完全別注文 12万円 たまに売れています。


|8. 映画 バンクーバーの朝日
この映画で使用された1940年代のビンテージグラブは全て弊社
BBAグラブ工房で作成しました。

http://www.vancouver-asahi.jp/index.html


| グラブ博士 梅原伸宏の加速上達する野球教室
グラブ博士梅原伸宏(うめはらのぶひろ)の加速上達する野球教室へようこそ!
ここではYAMATO商品の効果的な使い方の解説と
どうすれば自分の子どもがうまくなるのか?についてお話したいと思います。

ぜひとも親子で動画を見ながらお父さんは子どもの上達をサポートして上げてください。
<目 次>
1.バランスをよくなりバッティングが上達する一本下駄
2.野球ひじを予防しながらピッチングが上達するなげる〜ん
3.捕球が上達し、返球が早くなるランナーのセーフがアウトになるトレーニンググラブ
4.しなりを体でおぼえることができるYAMATOバット

【バランスをよくなりバッティングが上達する「一本下駄」の使い方】

一本下駄 BBAは一本下駄を推奨しています。 理由は最近の子どもは正しく立てません。
片脚立ちをして目をつぶってもすぐに倒れますが その時に後ろに倒れる子供が増えたことです。
なぜなら現代っ子は重心落下点(Z点)がだんだん後ろに下がっています。
山や階段を上らない 走らない 竹馬が上手に出来ない、
だからベースランニングにして 1塁から2塁をうまく走りながら回れない選手が増えています。
人間の体は頭はボーリングの球のように重いです。 約5kg〜7kgあり、これを間接で支えています。
人間の7大間接は、足首、ひざ、股関節、肩、肘、手首、首ですが 首以外は全て対になっています。
このなかでもっとも大切なものはなにでしょうか。
実は
「足首」なんです。
この部分が硬く不器用になると全てが固まります。 まずは足首を柔軟にして可動域を増やし
股関節を自然に前傾出来る様にこの一本下駄を 正しく活用してください。足が速くなり、
バッチング、スローイングが良くなる事 間違いなしです。

【野球ひじを予防しながらピッチングが上達する「なげる〜ん」の振り方】

 
なげる〜んの製品情報はこちらから
なげる〜ん BBAはなげる〜んの考案者の今任先生と一緒に イマトニックアームというを販売していました。
しかし、それは当時2万円以上しました。 スイング速度が表示されましたが
私はもっと低価格でたくさん販売したいと依頼をしました。 それでできたのがなげる〜ん50CMです。

これはとても手軽でしたが販売指導していく中で 長さが
65cmぐらいの方が更に腕がしなる事が 判明しました。
そこでなげる〜ん65cmを全国の指導で提唱しました。
更に材質はロクナイロンという 良くしなる材質にこだわりました。
このなげる〜んを正しくふると 野球肘、野球肩予防になります。
スポーツ障害は治療っでなく予防するという感覚を持ってください。
一本下駄と合わせたらとても効果が出ると思います。

なげる〜んには梅原自身が正しいスローイングができない 小学5年生を20分で見事改善
彼は当時5年生で今では高校2年生ですが キャッチャーと
ピッチャーをしていますが ひじかたは全く問題がないそうです。
体を正しく使うと野球肘、野球肩にならないという大きな証明だと思います。
なげる〜んの製品情報はこちらから

【捕球が上達し、返球が早くなるトレーニンググラブの紹介】


BBAトレーニンググラブTRS【軟式用】の製品情報はこちら
BBAトレーニンググラブ BBAグラブ工房が
2002年に初めて作成したのが このトレーニンググラブです。
今回の動画のグラブは少年用です。 3つ子の魂100まで
だから最初に使用したグラブがその選手に大きな影響を与えます。
イチロー選手も子供の時に最高のグラブをお父さんの父ローから渡されました。
嬉しくてその日は枕もとに置いて寝たそうです。
BBAは枕もとにおいて頂けるような最高の国産奈良産グラブを作りたいと思いました。
奈良県はグラブの産地で全国シェアの80%作成しています。
しかし、現在はその数は激減し奈良県全体のグラブ製造数は 最盛期の昭和40年代に600万個以上ありましたが
その後の、グラブ工場の廃業(大手メーカーの生産拠点移動)
グラブ職人の高齢化で今や年間20万個を切っています。

このままの状態なら日本からグラブ産業そのものがなくなる可能性もあります。
そこで奈良県の大和のグラブ製造の技術の粋を後世に残すために
梅原が中心になって造ったのがBBAグラブ工房です。

そのときにの1番最初の金型が このTRS  だからスペシャルな思い入れがあります。
このグラブを全国の子ども達が使って
毎日たくさんキャッチボールして ゴロを捕ってどんどん上達してほしいと願っています。

BBAトレーニンググラブTRS【軟式用】の製品情報はこちら


【YAMATO木製バットの紹介】


YAMATO木製バットの製品情報はこちら

YAMATO木製バット BBAは数少ない国産グラブ工房です。
BBAの存在理由、企業理念は「野球をしている人全て上達と笑顔のため」です。
だから2002年から国産大和グラブにこだわってきましたが
2015年から木製バットを発売しました。 もちろん国産です。

今少年用軟式用はゴムのバットもありますが 私たちが子供のときは木のバットでした。
竹バットでトスを練習して外れた時の手のしびれを学び
木製バットで真心を捕えた時の感覚を覚えてほしい
そこでこのYAMATOシリーズのバットを作成しました。
現在はラインナップはすくないですが 別注オーダーは次々にはいっています。
一番うれしいのは草野球の方からも 注文を頂けることです。
これからもバットのグリップや形状にこだわっていきますので グラブ同様宜しくお願いします。 

YAMATO木製バットの製品情報はこちら




BBAグラブ工房公式ブログ

twitterFacebook
youtube
BBAグラブメルマガ

BBAグラブ工房のイベント告知や新商品の案内など最新情報を不定期にお送りしています。

メールアドレス登録

 

BBA人気コラム目次
>>博士の研究室


1、野球グラブ[グローブ]手入れ
 
1-1 野球グラブメンテナンス
 
1-2 グラブの汚れ落とすには
 
1-3 グラブ[グローブ]オイル塗り方
 
1-4 グラブ[グローブ]グリス入れ方
 
1-5 グラブを柔らかくするには
 
1-6 グラブ[グローブ]軽くする方法
 
1-7 キャッチャーミットの手入れ

2、野球グラブ[グローブ]型付け
 
2-1 BBA独自の型付けについて
 
2-2 型付けグラブ[グローブ]の注意点
 
2-3 手の大きさの測り方

3、野球グラブ[グローブ]修理
 
3-1 紐[レース]交換修理
  
3-1-1 指先紐・レース交換修理
  
3-1-2 土手上紐・レース交換修理
  
3-1-3 指芯止め紐・レース交換
  
3-1-4 あご紐・レース交換修理
  
3-1-5 ベルト紐・レース交換修理
  
3-1-6 ウェブ紐・レース交換修理
 
3-2 破れ修理
  
3-2-1 捕球面交換
  
3-2-2 指破れ修理
 
3-3 ムートン交換修理
 
3-4 ヘリ革修理
 
3-5 内袋交換修理
 
3-6 ウェブ修理
 
3-7 硬式加工
 
3-8 キャッチャーミット修理
 
3-9 グラブ職人の道具たち

4、野球グラブ[グローブ]オーダー
 
4-1 オーダーとセミオーダーの違い
 
4-2 硬式オーダーグラブ[グローブ]
 
4-3 硬式オーダーキャッチャーミット
 
4-4 硬式セミオーダーグラブ[グローブ]
 
4-5 硬式セミオーダーキャッチャーミット
 
4-6 軟式フルオーダーグラブ[グローブ]
 
4-7 軟式セミオーダーグラブ[グローブ]
 
4-8 少年用完全別注オーダー


5、YAMATO野球グラブのこだわり
 
5-1 投手用グラブ[グローブ]
 
5-2 キャッチャーミット
 
5-3 内野手用グラブ[グローブ]
 
5-4 外野手用グラブ[グローブ]
 
5-5 ソフトボールグラブ[グローブ]
 
5-6 少年用グラブ[グローブ]
 
5-7 素材へのこだわり
 
5-8 独自の加工へのこだわり
  
5-8-1 型付けについて
  
5-8-2 土手刺繍
  
5-8-3 グラブ特殊オイル加工
  
5-8-4 ベルト締め加工
  
5-8-5 その他独自のカスタマイズ
  
5-8-6 加工機械の紹介
  
5-8-7 BBA加速上達整形インソール
 
5-9 YAMATOグラブの誕生秘話
 
5-10 指先まで力を伝える秘密

6、レース[グラブ紐]の通し方
 
6-1 土手紐[レース]抜き
 
6-2 指先部分の[レース]の通し方
 
6-3 ベルト部分の紐[レース]の通し方
 
6-4 逆巻き[逆閉じ]の仕方

7、BBAからのメッセージ
 
7-1 はじめての方へ
 
7-2 小4〜6の方へ
 
7-3 中学生の方へ
 
7-4 高校生の方へ
 
7-5 草野球の方へ
 
7-6 指導者・保護者の方へ

8、YAMATOグラブサンプル
 
8-1 YAMATOグラブサンプル
 
8-2 レザーサンプル
 
8-3 お手入れ用品サンプル 

9、BBAグラブ工房について
 
9-1 会社概要
 
9-2 お取り扱い店舗
  
9-2-1 本店へのアクセス
 
9-3 スタッフ紹介
 
9-4 メディア情報 
 
9-5 社会貢献G-LOVE活動
 
9-6 BBAの歴史
 
9-7 リンク集
 
9-8 よくある質問
 
9-9 カタログ
 9-10 御問い合わせフォーム

10、インストラクターについて
 
10-1 BBAグラブインストラクター
 
10-2 BBAグラブアドバイザー養成講座