野球をやろう!!
    BBAグラブ工房公式サイト
    野球グラブ・グローブサンプル

     

  営業10:00~19:00(水.木定休) tel&fax  0743-52-1405  Mail:bba@big.or.jp ⇒MAP 

グラブ誕生秘話

商品一覧

グラブ型付け

修理/お手入れ

グラブサンプル

博士の研究室(コラム)

NEW YAMATO



2017年 ヤマトグラブ・スパイクはおおきく生まれ変わりました。
 

平素はBBA YAMATOシリーズをご愛顧いただき有難うございます。
グラブ博士の梅原伸宏です。

弊社は 1968年10月から先代がミカサスポーツとして創業しました。
時がたつのは早いもので、来年2018年には50周年を迎えさせていただきます。

私がこの会社を継承して、来年で30年になろうとしています。
その30年間の研究の結果,、3万人以上の中学、高校生にたくさんの実験をして
野球動作の走攻守 全てが変わる最新の道具を開発しました。

それがNEW-YAMATOです。


 

 

(画像をクリックするとカタログのPDFが開き、プリントアウトできます)

 

 
NEW YAMATOシリーズ

スパイク解説インソール解説ソックス解説投手用グラブ解説

 すべて自社商品の、メイドイン大和です。

 

(画像をクリックするとカタログのPDFが開き、プリントアウトが出来ます)

 

 

スパイク解説============

 >>スパイクの商品一覧はこちら

 

「足が痛い」「グランドを掴む感覚がない」「片足立ちしたときに不安定です」

 

このような声をグランドでよく聞いてきました。運動の基本はしっかり立つ、姿勢がいいことです。

 

 

野球の動作で、走攻守のすべてに関わるものは、スパイクです。

 

 


弊社は、インナー部分が紙底でなく、革底タイプのスパイクを提唱しています。

革底スパイクとは、外側の、グラウンドに接地する部分だけが革ではなく、
インソールの下の足入れの突き上げ感や屈曲性に関わる部分も革底であるべきだと考えております。

 

材質の違いがわかる簡単な実験をします。今、全国の講習会でよく行っているものです

左が紙底で、右が革底です 



紙底を曲げてみますと、
紙ですので形がついて戻りません。折れ目も二度と治りません。


革底を曲げてみると
革の繊維の弾力性と屈曲性があるのできれいに元に戻ります

これが、革底スパイクの機能です。ですので、今回のBBA−008(樹脂底タイプ)も
内革底の外樹脂底スパイクになります。

国内でこの組み合わせのスパイクは他にありません。すべてのスパイクが内紙底×外が硬い樹脂底
の組み合わせになります。だから足が痛いといわれる選手が多いのです。
 

また、この革底スパイクの機能を更に上げるのにヤマトインソールも併用されることを提唱しています。
 

 

 

 

 

 
 

ヤマトスパイクにヤマトインソールを入れた場合(赤グラブ)と
ご自身の樹脂底内紙底のスパイクに他メーカーのインソールを入れた場合の
比較実験を行いました。

片足立ちしたときのバランスが違いました。
  
YAMATOのスパイクとグラブ(赤オレンジ)を持った時は
拇指丘(親指の付け根)の上に頭がしっかりと乗っていますが、
ご自身のグラブ(黒)とスパイクでは、頭が外れています。


いつもこの感覚から意識的に頭を前にして立っていたそうですが、やはりコントロールは良くなかったそうです。


 

革底スパイクですので縫いPが自由につけられます。

 
ウレタンタイプのP革は、素足感覚になりません。

コパがねも自由につけられます。



シューグーも自由に塗れます。
 シューグーは別売りしています

 

  

 

■BBA-001投手用インサイドスパイクの解説

こちらもご覧ください。


 >>スパイクの商品一覧はこちら  

 



YAMATOインサイドインソール解説============

 

長年足医学を研究してきて、多くのスパイクを見て感じたことがあります。
しっかりと立つには、インソールはとても重要であるが、
多くの選手はあまりインソールまで気を配っていないということです。





足首や足裏のアーチがスパイクやインソールとあっていないと、赤い線のように故障の原因が膝・股関節・腰・首にまで影響が及ぼします。
さらに、投手の場合はこの状態で激しい投げ込みが行われますので、肩、ひじにまで悪い影響が及びます。

(インソールの違いででる着地時の差)


足の形、指の長さ、足の長さサイズは、人の顔が違うように 全て違います。
しかし、多くの選手はスパイク選びをとても安易に考えておられます。


BBAでは、膝や腰、肩の故障は、高校生のときに起こるものではなく、
成長期の小学5、6年生や、中学1,2、3年生のときに起こると考えています。
理由は、成長期には骨の軟骨が伸びながら固まっていきます。

その時にスパイクのサイズやインソールの正しい装着方法、正しいはき方を知らないと
自分の大切なからだに大きな負担をかけながら練習することになるからです。

全国の高校野球の甲子園を目指されている指導者(監督・コーチ・トレーナー)の方からご相談を受け、
BBAグラブ工房が30年以上かけて研究してきた足医学(そくいがく)をベースにした
その人の足の形(骨の形・母指丘やかかとの位置を考慮)の動きにあわせたカスタムオーダースパイクを開発しました。 


投球は、ご覧のように5つの動作にわけられます。軸足が片足立ちになるアーリーコッキング時に
しっかりと片足立ちが出来ないと頭が突っ込んだ状態になり、
野球ひじや野球肩になりやすく、強い球が投げられなくなります。

また、レイトコッキング時の踏み出し足のかかとが地面に着く瞬間に、
すべる感覚を持てばその時点で膝が外側(右投手の場合は一塁側)に流れ、
体が開く状態になりその結果体に無理をして投げる状態になってしまいます。

BBAでは、体の回転軸をしっかり作る回内グラブ(BBA−106)を開発し、現在提唱しておりますが、
回転運動をする前に投球も送球も打撃も体重移動を行います。

この体重移動のときに軸足から踏み出し足までが正しく地面をつかんでいる
状態にするためには、足元のスパイクやインソール、金具、ソックスなど見えないところに気を配ることが重要だと考えて
足医学を研究してきました。




足医学とは


足医学
とは、西洋で研究された足の医学のことです。
ヨーロッパはスキーと登山が盛んですが、この競技はひとつ間違えると大事故や大惨事につながります。
そこで、スキー靴や登山靴を自分の足により完全にフィットさせるように研究が続けられてきました。

BBAでは、登山靴やスキー靴の形成インソールの制作技術やスパイクとのあわせ方などを研究してきました。

海外の多くのインソールメーカーを試し、現代の日本人の足に合った幅広の野球専用インソールを開発しました。

YAMATOインサイドインソールは、足の骨のウィンドラス効果がでるように開発しました。

 

 
ご覧のように、スパイクの金具の突き上げがきて、すぐ破ける部分に補強を入れました。

 
滑りづらい材質を表面に採用しました。

 
指で押しても形を保持します。


 


ウィンドラス効果とは




(左:通常の状態/右:ウィンドラス状態)
ウィンドラス状態になると、骨盤が前傾して強い球が投げられます


通常のインソール(左)では、親指を極端に曲げないかぎり
ウィンドラス状態は出来ませんが、
YAMATOインサイドインソールは
履くだけでその状態が完成します。




足のアーチは、図のように内側アーチと外側アーチと前アーチの3つから出来ています。
このアーチを下からの支えでしっかりホールドすることによって、人体全体の約200ある骨が
ニュートラルポジションになり、主要7関節(足首・膝・腰・肩・ひじ・手首・首)に
負荷がかかりにくくなります。


YAMATOインサイドスパイクには、基本このインソール(YMT-7 )をお入れしています。
2月から別売りでも販売いたします。定価6500円です。


 YAMATOソックス解説============



さらにインソールの効果を高めるために、ソックスを開発しました。

 
BBAが独自に開発した野球専用5本指ソックスです。
5本指にすることによって足指で地面をホールドする感覚が伝わりやすくなります。
また、この靴下は、すべり防止のために足裏に特殊なラバーシールをつけています。
(黄色っぽいところがラバーシールです)

<ラバーシールの効能>

内転運動でしっかりグリップしている場合(左)とシール無しで滑っている場合(右)


外転運動でしっかりグリップしている場合(左)とシール無しで滑っている場合(右)

足の母指球や 回内運動 回外運動を研究して張りました。
BBAの上達インソールとの併用でさらにスパイクとの滑りをなくします。

打撃 投球 送塁時に インソールと一体になって さらにパフォーマンスが向上します。もし選手が真芯でボールを捕らえても、
スパイクの中でこのように足が滑っているとボールが前に飛ばない、もしくは弱い打球になることが多いです。
ある甲子園出場高校生(1番バッター)が、このインソールとにゃん足を使った結果、先頭打者ホームランをセンターバックスクリーンに打ち込みました。

にゃん足は伸縮性サポーターも、 5本の指 土ふまず くるぶしの上につけました。

お得な5足セットもあります!にゃん足の単品販売ページはこちら ⇒5足セッ 

 YAMATOインサイドグラブ解説============

日本初の、薬指ループつきの投手用専用グラブを開発しました。
縫製方法も変え、左投手のグラブも今までにない形状を作ることに成功しました。
多くの投手から、お問い合わせを頂いています。

サンプル貸し出しの場合は、ループ有、ループなしで実際に手をはめていただくことをお勧めしています。 

d

グラブサンプル貸し出しはこちら

こちらのページで詳しく解説していますのでどうぞご覧ください。

BBA-106はセミオーダーで受付しております。こちらのページからどうぞご注文ください。







今全国で多くの選手が講習を体験してくれています。






スパイク解説インソール解説ソックス解説投手用グラブ解説
 



BBA人気コラム目次
>>博士の研究室


1、野球グラブ[グローブ]手入れ
 
1-1 野球グラブメンテナンス
 
1-2 グラブの汚れ落とすには
 
1-3 グラブ[グローブ]オイル塗り方
 
1-4 グラブ[グローブ]グリス入れ方
 
1-5 グラブを柔らかくするには
 
1-6 グラブ[グローブ]軽くする方法
 
1-7 キャッチャーミットの手入れ

2、野球グラブ[グローブ]型付け
 
2-1 BBA独自の型付けについて
 
2-2 型付けグラブ[グローブ]の注意点
 
2-3 手の大きさの測り方

3、野球グラブ[グローブ]修理
 
3-1 紐[レース]交換修理
  
3-1-1 指先紐・レース交換修理
  
3-1-2 土手上紐・レース交換修理
  
3-1-3 指芯止め紐・レース交換
  
3-1-4 あご紐・レース交換修理
  
3-1-5 ベルト紐・レース交換修理
  
3-1-6 ウェブ紐・レース交換修理
 
3-2 破れ修理
  
3-2-1 捕球面交換
  
3-2-2 指破れ修理
 
3-3 ムートン交換修理
 
3-4 ヘリ革修理
 
3-5 内袋交換修理
 
3-6 ウェブ修理
 
3-7 硬式加工
 
3-8 キャッチャーミット修理
 
3-9 グラブ職人の道具たち

4、野球グラブ[グローブ]オーダー
 
4-1 オーダーとセミオーダーの違い
 
4-2 硬式オーダーグラブ[グローブ]
 
4-3 硬式オーダーキャッチャーミット
 
4-4 硬式セミオーダーグラブ[グローブ]
 
4-5 硬式セミオーダーキャッチャーミット
 
4-6 軟式フルオーダーグラブ[グローブ]
 
4-7 軟式セミオーダーグラブ[グローブ]
 
4-8 少年用完全別注オーダー


5、YAMATO野球グラブのこだわり
 
5-1 投手用グラブ[グローブ]
 
5-2 キャッチャーミット
 
5-3 内野手用グラブ[グローブ]
 
5-4 外野手用グラブ[グローブ]
 
5-5 ソフトボールグラブ[グローブ]
 
5-6 少年用グラブ[グローブ]
 
5-7 素材へのこだわり
 
5-8 独自の加工へのこだわり
  
5-8-1 型付けについて
  
5-8-2 土手刺繍
  
5-8-3 グラブ特殊オイル加工
  
5-8-4 ベルト締め加工
  
5-8-5 その他独自のカスタマイズ
  
5-8-6 加工機械の紹介
  
5-8-7 BBA加速上達整形インソール
 
5-9 YAMATOグラブの誕生秘話
 
5-10 指先まで力を伝える秘密

6、レース[グラブ紐]の通し方
 
6-1 土手紐[レース]抜き
 
6-2 指先部分の[レース]の通し方
 
6-3 ベルト部分の紐[レース]の通し方
 
6-4 逆巻き[逆閉じ]の仕方

7、BBAからのメッセージ
 
7-1 はじめての方へ
 
7-2 小4〜6の方へ
 
7-3 中学生の方へ
 
7-4 高校生の方へ
 
7-5 草野球の方へ
 
7-6 指導者・保護者の方へ

8、YAMATOグラブサンプル
 
8-1 YAMATOグラブサンプル
 
8-2 レザーサンプル
 
8-3 お手入れ用品サンプル 

9、BBAグラブ工房について
 
9-1 会社概要
 
9-2 お取り扱い店舗
  
9-2-1 本店へのアクセス
 
9-3 スタッフ紹介
 
9-4 メディア情報 
 
9-5 社会貢献G-LOVE活動
 
9-6 BBAの歴史
 
9-7 リンク集
 
9-8 よくある質問
 
9-9 カタログ
 9-10 御問い合わせフォーム

10、インストラクターについて
 
10-1 BBAグラブインストラクター
 
10-2 BBAグラブアドバイザー養成講座