野球をやろう!!
    BBAグラブ工房公式サイト
    野球グラブ・グローブサンプル

     

  営業10:00~19:00(水.木定休) tel&fax  0743-52-1405  Mail:bba@big.or.jp ⇒MAP 

グラブ誕生秘話

商品一覧

グラブ型付け

修理/お手入れ

グラブサンプル

博士の研究室(コラム)

■スパイクでお悩みの方へ

(画像をクリックするとカタログのスパイクのページのPDFが開き、プリントアウトできます)

 遠方でBBAにこられない方はどうぞこちらもご覧ください(PDFが開き、プリントアウトできます)

・賢いスパイクの選び方
・足サイズ計測表

スパイクについてはこちらもご覧ください>NEW YAMATOのページの
スパイク解説


「賢いスパイクの選び方」  進化した本格革底、ヤマト革底スパイク

 

全国の選手は、今、足元のスパイクで悩んでいる

 

 

1)なぜ、スパイクは足が痛いのか?

2)革底スパイクと樹脂底スパイクの決定的な違い

3)スパイクの選び方

4)インソールの重要性 >>インソールについてはこちらもご覧ください

5)靴下の重要性>>こちらをご覧ください

6)革底スパイクの正しいお手入れ方法

 

 

今、全国からBBAグラブ・スパイク工房に

「野球スパイクでプレーをしていてとにかく足が痛い!」

「スパイクでプレーしたあととにかく疲れます。」

「足にあったスパイクがなくて困っています。」

「自分の足にあうスパイクって作れるのですか?」

というご相談、問い合わせが、たくさんきています。

 

わたしの長年の研究の結果、

肩、肘、腰の痛みや故障の原因は、

足元のスパイクとインソールと足の関係性だと

いうことが分かりました

 

人の顔の骨の形や大きさが全て違うように、人の手や足の形も数は同じでも形状は違います。
 左が梅原の右足、右が中村店長の右足です。これだけ違います。
 

しかし、これは、指導者、保護者、選手をはじめ意外と多くの方はご存知ではありません。

自分の足の形をしっかり計測された選手は、ほとんどいないと思います。

 

たとえば、私の足と中村君の足の対比を見てください。

 

私は、身長178cm  彼は、175cmです。

私の足のサイズ(右足)は、足長25・7  周囲25・6ですが

彼のサイズ(右足)は、足長26・9  周囲が27・4で、かなりの甲高足です。

私の足


中村君の足はとても幅広です。彼は足長が27cmしかなくても、周囲(足囲)が大きいので
28,5cmのスパイクを履いていました。これでは金具と拇指丘の位置が合わず、回転運動で、大きく力をロスする状態です




 

 

普通は、足長と周囲の長さはほぼ同じになりますが、

中村君は、特殊な足で並べてみて頂いたらお分かりのように、これだけ足の幅が違います。

 

 

ここから導きだせることは、

中村君は、現役時代スパイク選びで、とても困っていたということでしょう。
足元の力が抜ける感覚があったと思います。

 

 

実際に彼が現役の高校大学の時(弊社が、まだグラブ工房だけでした)

 

当時、2万円する大手メーカーの革底スパイクの紐を緩めて履いて、それでも腰や足が痛いので

当時、3万円のインソールを入れていたそうですが、

それでも腰痛が原因で大学3年で野球を故障引退しました。プロも社会人野球も断念しました。

 

 

今、彼は、私の考案したインソールをアップシューズに入れて

「現役のときにほしかったです」といっています。

 

 

さて

野球スパイク使用時における足痛の原因は、いろいろ考えられますが、
 

「選手の足の幅が広い」  

「骨の変形の外反母趾がスパイク内側のアッパーに当たる」  

「指先がスパイクの先に当たる」

「甲高でスパイクが合わない」

「偏平足でどのスパイクを履いても疲れやすい」

などが挙げられます。
 

 

 

特に現代っ子は、足の甲が高く、あし幅も広く内側のアーチが不安定で
その結果疲れやすい足になっています。
 

 

既存のスパイクメーカーは一定のラスト(足の形)の

スパイクを量販店で展示販売するだけで、
弊社のように選手の足型を取ったり、

 

それにあわせてスパイクの形状を変えたり
足が合わない選手には特別に完全別注で作製はできないと思います。
 

 

既存のスパイクメーカーは、現在、流通しているのは99%、樹脂底、埋め込み式タイプで

このスパイクは、泥などのお手入れが楽ですが

足をスパイクに合わせないといけません。

 

これを履いて足が痛いと思いながらベストパフォーマンスを望むのは、とても難しいと思います。

 

そこで、弊社は、本格仕様の革底スパイクを考案しました。

 

多くの方がご存知ではありませんが、革底スパイクとは、外側の見えるソールだけでなく

中敷(インソールの下の部分)が、高級な革底でないといけません。

 

世にあるほとんどのスパイク(99%)は、紙底です。

 

■紙底と革底の違い【人工紙と天然革は全然違う】

 

・屈曲性

・突き上げ感

・耐久性
・疲れ

革底スパイクとは、多くの方は底面の外側(金具がついているところ)が革だから革底と思っておられますが、


内側(インソールの下)の部分も革底でないと、本格的な革底スパイクとは言えません。

弊社は最高級の革底を採用しています。

スパイクのソールは、
3層構造になっていて、一番外側部分とスパイクの内側部分とインソールに分かれます。
弊社は、この外側の革底と内側の革底にこだわっています。
その結果、地面からの突き上げ感、足の疲労感が軽減されるように開発しています。

素足感覚でグラウンドを掴んでいる感じを体感していただくことを目指しています。

 

材質の違いがわかる簡単な実験をします。今、全国の講習会でよく行っているものです

左が紙底で、右が革底です 



紙底を曲げてみますと、
紙ですので形がついて戻りません。折れ目も二度と治りません。


革底を曲げるてみると
元に戻ります

この本革独自の復元力とショック吸収性が、高級革底スパイクの独特の世界観だと思います。

是非、1度弊社の本格使用のヤマト革底スパイクを体感してください。




指導者・監督・コーチ・保護者の方へ



腰痛や、肩こりで先生や保護者の方にとても好評なのが、ヤマトのアップシューズ009です。>>販売はこちら

18800円⇒16800円(2017年5月末まで春のキャンペーン価格)

ヤマトインソールと一緒にご使用いただくと、姿勢が変わった、歩き方が変わった、腰痛が軽減された
たくさんノックをしても次の日にふくらはぎなどが張らなくなった

などたくさんのご感想を頂いています。

アッパー(スパイクの上側)の部分はヤマトスパイクとまったく同じ足入れ感覚にしておりますので、
投手の方が普段ランニングやトレーニングにこのアップシューズを使い、
試合では弊社の投手用スパイクを履くという方もおられます。

アップシューズの貸し出しサンプルもありますので、是非この機会にお申し込みください。


 

体感貸し出しスパイク申し込みはこちら

 

足の幅の大きい方、甲の高い方、指が太くて長い方用の完全別注あつらえの作製も出来ます。



スパイクに対して何か不満、不安がある方は、お気軽にBBAグラブ・スパイク工房のスタッフまでおたずねください。

 

ご来店される場合は、必ず、今ご使用中のスパイクをご持参ください。

お問い合わせはこちら



本体販売価格
 

>>販売ページはこちら

ヤマトスパイクご購入の方限定 

『スパイクを3倍長持ちさせる御手入れ方法レポート』プレゼント中>>スパイクのお手入れについて詳しくはこちら
また、有料オプションとしてコパ金(1箇所300円)、ぬいPの後付加工サービス(片足1500円〜)も行っております
詳しくはBBAスタッフまでお問い合わせください
 

品名

スパイク本体定価(税別)

春のスパイクキャンペーン中
(5月末まで・税別)

ヤマトインソールを同時に買われる場合のインソール価格
(定価12800円/おひとり1セット限定でこの価格)

ヤマト革底投手用スパイクBBA-001
 2枚底(2枚とも高級革底)  耐久性強化

25000円

22500円(10%OFF)

6800円(特別価格・47%OFF)

ヤマト革底野手用スパイクBBA-007
 ヒールアップ 骨盤前傾モデル

24000円

21600円(10%OFF)

6800円(特別価格・47%OFF)

ヤマトアップシューズBBA-009

18600円

16800円(10%OFF)

6800円(特別価格・47%OFF)

  

 ※本革を使用しておりますので、価格は材料費の高騰により余儀なく変更となる場合がございます。ご了承ください。

 


 

インソールの必要性

ヤマトインソール・ソックスについてはこちらもご覧ください
インソール解説ソックス解説




 

BBAグラブ工房は、独自でインソールを開発しました。

このインソールは自分独自のアーチの形状を作れる

業界初、手もみタイプインソールです。

 

今ゴルフ、テニス、バスケットなど多くの選手が使用されています。

選手だけでなく腰痛でお悩みの

監督、コーチ、保護者の方にもお勧めです。

 

3枚構造で、
上層部分は滑りにくく耐久性がある素材を採用

中層部分には手の握力でアーチの形状を変えられる特殊素材を導入しています。

      



市販のインソールでは、
このように内側のアーチも外側のアーチもホールドできずに簡単に曲がりますし、丸めることもできます
あなたのインソールは大丈夫ですか?


私が開発したヤマトインソールは、

強く両側を押しても型崩れしません。


思い切り曲げても元に戻ります。


かかと部分に
特殊なクッション反発素材を入れていますので踏み込むときなどにひざや腰に対する疲労を軽減します。
また、つま先は特殊な材質を入れて、耐久性をあげました。



市販のスパイクの組み合わせは、内側が紙底に、機能のないインソール

ヤマトは内側が革底、そしてヤマトインソールの挿入を提唱しています。


スパイクを購入された際に、お一人様1セット限り、別売りで47%OFFの6800円(定価12800円)でご提案しています。


 

 スパイクのお手入れについて



スパイクも革を使用していますので 、BBAは以下のようなお手入れをお勧めしています
革底の寿命を守るためには、雨の日やグラウンドが濡れているときには基本的に使用しないでください。

スパイクとインソールの乾燥(汗をかいたとき、雨などで濡れた時はかならず行ってください)

1)スパイクからインソールをはずしてください

 

2)BBA乾燥ケースに入れて、スパイクとインソールのどちらからも水分を飛ばしてください。新聞を丸めてスパイクの中に入れてください
(乾燥ケースがない場合は、風通しのいい日陰で陰干しにしてもいいです)
>>乾燥ケースはこちらで販売しています





3)インソールはコンディショナーで汚れ落としします。汚れたときにはそのつど行います

  

(コンディショナーと刷毛はこちらのページで販売しています)

 
汚れたインソールです

ブラシで汚れた部分を取り除きます。
しっかりと乾いた布でふき取ります。
土や汗よごれが綺麗になりました

スパイク本体のお手入れ方法
(乾燥ケースでスパイクを乾燥させた後に行います。汚れたときにはそのつど行います)


土汚れが少し固くなったところで、ブラシで落としていきます

まず、大きな土汚れをブラシの先の堅い部分で落とします

特に金具回りはしっかりと

歯ブラシで、細かい砂や土の汚れを落としていきます

濡れたタオルでふき取ります。

時間を置いてから、BBAレザーオイルを塗り革底の部分を保湿します


赤で囲った部分は特にいたみやすいので、この部分にもレザーオイルをしっかり塗ってふき取ってください。

シューグーの必要性

革底スパイクは、シューグーを使うと3倍持ちます。
シューグーは特殊な合成ゴムで革を保護します。紳士靴にも最適です。

 (黒色です。販売はこちらから)
 

シューグーの正しい塗り方・乾かし方
(シューグーが傷んできたりはがれたりしてきたら行ってください)



スパイクの先はこのようになっています。

シューグーもはがれて割れてきます



コンディショナーで汚れを取ります。



しっかりとふき取るとこのようになります。


傷んでいる部分、やぶれそうになっている部分にシューグーを塗ります。


付属のへらでしっかりとのばします。30分くらいで乾きますので手や服につかないように気をつけてください。


この作業で、革底スパイクの寿命は3倍持ちます。



本体販売価格


>>販売ページはこちら

ヤマトスパイクご購入の方限定 

『スパイクを3倍長持ちさせる御手入れ方法レポート』プレゼント中>>スパイクのお手入れについて詳しくはこちら
また、有料オプションとしてコパ金(1箇所300円)、ぬいPの後付加工サービス(片足1500円〜)も行っております
詳しくはBBAスタッフまでお問い合わせください


 

品名

スパイク本体定価(税別)

春のスパイクキャンペーン中
(5月末まで・税別)

ヤマトインソールを同時に買われる場合のインソール価格
(定価12800円/おひとり1セット限定でこの価格)

ヤマト革底投手用スパイクBBA-001
 2枚底(2枚とも高級革底)  耐久性強化

25000円

22500円(10%OFF)

6800円(特別価格・47%OFF)

ヤマト革底野手用スパイクBBA-007
 ヒールアップ 骨盤前傾モデル

24000円

21600円(10%OFF)

6800円(特別価格・47%OFF)

ヤマトアップシューズBBA-009

18600円

16800円(10%OFF)

6800円(特別価格・47%OFF)

  

 ※本革を使用しておりますので、価格は材料費の高騰により余儀なく変更となる場合がございます。ご了承ください。
 

 




野球ひじ・野球肩・野球腰などの故障予防とスパイクの関係性

私は全国でグラブの使い方の指導をしてきました。
最近,グランドで「ひじが痛い」「肩が痛い」 「腰が痛い」
「手首が痛い」「首が痛い」「ひざが痛い」選手がふえて困っています
という高校監督さんからもたてつづけに相談を受けました。

 

あなたのお子様、指導されている選手は、お困りでないですか?  

 

「小学校は、まだ体ができていないから仕方がない」
「中学生は、成長期だから痛くなっても仕方がない」
「高校生は、今までの積み重ねの結果だから仕方がない」 と簡単に片付けていいのでしょうか?

 

野球の故障の原因は、オーバーユース(投球過多)と  
(悪いフォーム)の2つです。


「野球ひじ」という故障はどんなものかご存知ですか?

これは「野球ひじ」のレントゲン写真です。


 

小学生・中学生の選手のひじやひざの骨の端は 軟骨といって骨も伸びるのでまだ柔らかいです。

それが、無理な投球フォームを続けることで炎症を起こします (体からの危険信号です)
さらに骨が変形します。 また、その骨が成長とともに硬くなってくるとひびが入り、亀裂が起こります。
最後は剥離(はがれ取れる)して筋肉の中で動きます。
小石が筋肉の中に入った状態です。 これを関節ねずみといいますが、とても痛いです。

そこで「クリーニング」といってメスで皮膚を切って中の小石の状態の
小さな骨をピンセットのようなもので 取り除きます。
そしてその手術後、約半年はボールが握れなくなります。
どうですか?大変ですよね。

野球ひじなどの野球の故障は、なってから初めてその怖さ大変さがわかります。



中村店長も故障(野球ひじ・野球腰)に苦しんで人生が大きく変わった一人ということで、
その体験をご紹介します。

中村店長の場合

小学校のときは5年6年と投手をしてきました。

マクドナルド杯で全国大会に行きました
中学2年生の秋からひざやひじが痛くなってきました。

「成長痛かな〜」と思ってほったらかしていました。

中3年の春にひじをかばってきたので腰を痛めました。

接骨院にいって治療を受けました。
「ひじの位置を変えてスローイングしなさい」
「頭の位置が問題だ」とフォームを直すように指導を受けました。
 

高校1年の冬に腰痛が再発

甲子園を目指していたので(2年連続選抜大会出場するきっかけを作りました)
2年3年とレギュラーで投手と1塁で、3番だったので 痛みを隠して試合に出ていました。

故障が、怖くなったのでインソールだけ当
時高額の整形タイプ(
1セット3万円)を 大阪まで行っていれました。

プロ野球志望だったので 高校を夏に引退してから腰の治療に専念しました。

「ほぼ完治したようだ」と医者から言われてほっとしました。

大学にいってプロに行きたいので必死に練習しました。
1回生からベンチ入りをし、2回生の秋から試合にでて神宮大会に出場 憧れのプロ球団から
オファーを頂きさらにマスコットバットで毎日素振りをしました。

高校からBBAグラブ工房に後輩を連れて自分やチームメイトの グラブメンテナンスをしていました。

しかし、スパイクのサイズ、ただしい履き方、
自分の足の長さ などは一切気にしていませんでした。

 

ある3回生の春の大切な大会まえの 守備練習のときに1塁を守りセカンドへ
の送球で 腰に激痛が走り、そのまま病院にいきました。

それを、監督に隠して試合に出ていましたが 秋になって社会人野球やプロのスカウトのかたから
「そろそろ身体検査の診断書がほしい」といわれ 指定された病院に受けに行くと
「腰がヘルニア寸前のとても危険な状態ですから野球をやめたほうがいいよ」と言われました。


その診断書を見せたら。「今までの話はなかったことにしてほしい」と言われました。

4回生はほとんどベンチを温める交代要員になり、
そのまま野球を春で引退しました。最後の秋は野球をしませんでした。
 

結局、一番中の良かった友達のプロ確実の投手 (高校時代奈良県選抜で一緒だった)も
同じことで あるプロ野球球団からドラフトにかからず その年は私の大学からプロ野球選手は出ませんでした。
 

自分の足にあったスパイク,インソールのお選び方はしりませんでした。
だから今は毎日、僕のようにならないように日々この話を保護者の方にしています。

お気軽にお連絡ください  0743−52−1405
 


スパイクと故障の関係性?
 

あなたのお子さんのスパイクのなかを1度チェックしてください。
 
解説…左は樹脂底多本歯のスパイク、

右は中に入っていたインソールです。
拇指丘の下など重要な部位の下に歯が正しく来ていないため、
回転運動に無理が生じます。
また、このようにインソールが破けていてはまったく
機能を果たしていないと予測されます。




解説…P革がさけ、スパイクの先を
カバーするという機能を果たせていません。





解説…樹脂底は硬いため足と一体になって動かず、
足をそらせることによって引っ張られるアッパーと
曲がりにくいソールの間で裂けが起きています。


 


解説…力を入れても左の樹脂底は曲がりにくいのですが、
革底は自然体で曲がります。(右側は弊社ヤマトスパイク)

 

投手の投球、打者の打撃は、 「体重移動を使った回転運動」です。

これが 人間の一番強い力を発揮します。 モノを遠くに届ける力学です。

砲丸投げ、槍投げ、円盤投げを見てもわかります

野球の故障の多くの原因は、投球過多かそのフォームの異常です。
フォームは実は足元で決まります。

 

野球のスパイクも素足感覚の正しいスパイクの材質が不可欠です。

 

では、なぜ中村君は故障したのでしょうか?

私のセミナーの助手をしながら自分の現役の時を回想して彼はこういいました。

・ぼくは自分の実際の足のサイズ(足長・足囲など)知らなかった。
・正しいスパイクの選び方をしらなかった。(両足をはいてから選ぶ)
・正しいスパイクの履き方を知らなかった。(かかとをあわす方法など)
・ぼくは足の幅が広い、甲も高いのでどうしても大きめのサイズのスパイクを履く傾向があった。

・小学、中学と投手としてたくさん投げるがサイズの合っていないスパイクは片足立ちしにくかった 。

その結果、 ステップしたときに不安定になり

@頭が突っ込む
Aひざが割れる
Bひじがあとから出てくる(体が開きやすくなる)

強い球が投げられないのでいつもマウンドで力んだ結果、 ひじ、腰と首を痛めた。とても後悔しています。


まさに、ピッチングで一番大切な、アーリーコッキングと
レイトコッキングの際にすでにスパイクで体がぐらつき、そのあとは

@頭が突っ込む
Aひざが割れる
Bひじがあとから出てくる(体が開きやすくなる)

という状態になったと推測されます。

彼は「多くの投手はほとんどこの状態ではないか?」と言っています。

そこで、BBAアカデミーでは、正しく立てる、素足感覚になれる、ひざ肩など関節に無理が生じない
スパイクを更に改良しました。
それがNEW BBA-007 スパイク(厚底タイプ)です。

現代っ子は革底スパイクの足入れのよさを知りません。
ポイントスパイクのあと
樹脂底の固定歯しか知りません。

1度、弊社の本物の革底スパイクを
はかしてあげてください。
無料貸し出し試し履きサービス開催中  (5月末まで)

サンプルスパイクの貸し出し
をご希望の方は、スタッフまでお気軽にお問い合わせ、お申し込みください。

特徴  正しく立てる
    片足立ちでもしっかり立てる
    地面を掴む感覚がある
    踏む出す方向が安定する
    革なので足になじむ
    足幅を広くした。
    かかと部分をしっかりした。




NEW!BBA-007 投手・野手兼用スパイク(ヒールアップ)
販売価格:24000円(税別)春のキャンペーン中は21600円(ヤマトインソール入りは28400円)(〜2017年5月末)

縫いP加工代 別途1500円(片足)
コパ金W加工 別途300円〜


1枚ソールや2枚ソールタイプは受注生産になっております。

また、足の形が大きい方などはあつらえスパイクも作れます。(別途見積もり)



サンプルスパイクの貸し出し
をご希望の方は、お気軽にお問い合わせ、お申し込みください。

お問い合わせはこちら





 





BBA人気コラム目次
>>博士の研究室


1、野球グラブ[グローブ]手入れ
 
1-1 野球グラブメンテナンス
 
1-2 グラブの汚れ落とすには
 
1-3 グラブ[グローブ]オイル塗り方
 
1-4 グラブ[グローブ]グリス入れ方
 
1-5 グラブを柔らかくするには
 
1-6 グラブ[グローブ]軽くする方法
 
1-7 キャッチャーミットの手入れ

2、野球グラブ[グローブ]型付け
 
2-1 BBA独自の型付けについて
 
2-2 型付けグラブ[グローブ]の注意点
 
2-3 手の大きさの測り方

3、野球グラブ[グローブ]修理
 
3-1 紐[レース]交換修理
  
3-1-1 指先紐・レース交換修理
  
3-1-2 土手上紐・レース交換修理
  
3-1-3 指芯止め紐・レース交換
  
3-1-4 あご紐・レース交換修理
  
3-1-5 ベルト紐・レース交換修理
  
3-1-6 ウェブ紐・レース交換修理
 
3-2 破れ修理
  
3-2-1 捕球面交換
  
3-2-2 指破れ修理
 
3-3 ムートン交換修理
 
3-4 ヘリ革修理
 
3-5 内袋交換修理
 
3-6 ウェブ修理
 
3-7 硬式加工
 
3-8 キャッチャーミット修理
 
3-9 グラブ職人の道具たち

4、野球グラブ[グローブ]オーダー
 
4-1 オーダーとセミオーダーの違い
 
4-2 硬式オーダーグラブ[グローブ]
 
4-3 硬式オーダーキャッチャーミット
 
4-4 硬式セミオーダーグラブ[グローブ]
 
4-5 硬式セミオーダーキャッチャーミット
 
4-6 軟式フルオーダーグラブ[グローブ]
 
4-7 軟式セミオーダーグラブ[グローブ]
 
4-8 少年用完全別注オーダー


5、YAMATO野球グラブのこだわり
 
5-1 投手用グラブ[グローブ]
 
5-2 キャッチャーミット
 
5-3 内野手用グラブ[グローブ]
 
5-4 外野手用グラブ[グローブ]
 
5-5 ソフトボールグラブ[グローブ]
 
5-6 少年用グラブ[グローブ]
 
5-7 素材へのこだわり
 
5-8 独自の加工へのこだわり
  
5-8-1 型付けについて
  
5-8-2 土手刺繍
  
5-8-3 グラブ特殊オイル加工
  
5-8-4 ベルト締め加工
  
5-8-5 その他独自のカスタマイズ
  
5-8-6 加工機械の紹介
  
5-8-7 BBA加速上達整形インソール
 
5-9 YAMATOグラブの誕生秘話
 
5-10 指先まで力を伝える秘密

6、レース[グラブ紐]の通し方
 
6-1 土手紐[レース]抜き
 
6-2 指先部分の[レース]の通し方
 
6-3 ベルト部分の紐[レース]の通し方
 
6-4 逆巻き[逆閉じ]の仕方

7、BBAからのメッセージ
 
7-1 はじめての方へ
 
7-2 小4〜6の方へ
 
7-3 中学生の方へ
 
7-4 高校生の方へ
 
7-5 草野球の方へ
 
7-6 指導者・保護者の方へ

8、YAMATOグラブサンプル
 
8-1 YAMATOグラブサンプル
 
8-2 レザーサンプル
 
8-3 お手入れ用品サンプル 

9、BBAグラブ工房について
 
9-1 会社概要
 
9-2 お取り扱い店舗
  
9-2-1 本店へのアクセス
 
9-3 スタッフ紹介
 
9-4 メディア情報 
 
9-5 社会貢献G-LOVE活動
 
9-6 BBAの歴史
 
9-7 リンク集
 
9-8 よくある質問
 
9-9 カタログ
 9-10 御問い合わせフォーム

10、インストラクターについて
 
10-1 BBAグラブインストラクター
 
10-2 BBAグラブアドバイザー養成講座