こだわりの道具で上達しよう!
    ヤマトグラブ工房公式サイト
    野球グラブ・グローブサンプル

     

  営業10:00~19:00(水.木定休) tel&fax  0743-52-1405  Mail:bba@big.or.jp ⇒MAP 

グラブ誕生秘話

商品一覧

グラブ型付け

修理/お手入れ

グラブサンプル

博士の研究室(コラム)




野球が大好きな選手達が、もっと加速上達する「ヒミツの法則」があります。


それは、

保護者、指導者がグラブやスパイクなどの道具学を少し正しく学ぶことです。

 

 

こんにちは

はじめまして    私は、梅原伸宏といいます。

なぜ、私がこのホームページを運営しているのか?
なぜ、私がグラブの本を書いたのか?
なぜ、私が国産のヤマトグラブにこだわるのか?
なぜ、グラブ工房なのに体のことを研究し全国で講演をするのか?

少しご紹介させてください。
 

私は、奈良県大和郡山市の
野球がメインのスポーツ店(三笠スポ−ツ)の長男として
グラブがいっぱいある小さな田舎のショップで生まれ育ちました。

 

奈良県は
野球グラブ・スパイク製造が地場産業で
当時は、全国の80%以上を
生産していた、まさに「野球グラブの聖地」です。
 

50年前の当時は、野球専門店という概念はなく
また,今のような量販店も通販もなかったので
 

スポーツジャージや
カバン、シューズを展示販売している
地域密着スポーツ店が野球グラブを
ところ狭しと並べているという感じでした。

 

創業者の父は、1964年の東京オリンピックで感動し
脱サラして無謀にも地域密着型スポーツショップを独学で始めました。


グラブのレース修理、スパイクのぬいP革、金具交換修理以外に
ゴルフのグリップ交換、スキーの板のビンデイング、羊の腸のガット張り
ゴルフネットの修繕など道具の修理、メンテナンスのプロでした。


私は、小学生のときからそれらを
当然のように手伝わされてきました。

 

また、戦争で亡くなった祖父も
とても器用な人だったそうで木で仏様を一本彫りして、お寺に奉納したり
いろんな特許を申請していたそうです。

 

その影響もありいろんなマニアックな道具もたくさんあったので
私は、子ども時から父の修理工房で勝手にその道具を使って
グラブなどを改善してカスタマイズして遊んできました。

 

23歳で脱サラしては、スポーツ店を継承し
私のグラブの修理は、本格的な仕事になっていきました。
 

グラブの芯の調整やレースの通し直し、穴の位置を変えるなど
当時は、そこまで出来るショップはなく

ほとんどのショップは、ユーザーから修理グラブを預かると
そのままメーカーに渡してメーカーは、
そのままグラブ工場に送るという体制でした。

 

よく、奈良のグラブ工場の社長さんが
「これぐらいの修理なら自分たちでしたほうが絶対に勉強にもなるし
お客さんにもグラブのいろんなアドバイスが出来るようになれるのにな〜」と
ぼやかれていました。
 

そこで私は、
「野球グラブの型直し、修理、カスタマイズ行います」という
チラシを作り配りました。

 
その結果

・低目が捕球しにくいミットは改善できますか?

・堅い新品グラブの型をつけて欲しい! 

・フライを良く落とすので親指を強化してほしい

・新しいグラブを新調したいので手に合うグラブを作ってください。

・逆シングルしやすい守備範囲が広がるグラブが欲しい!

などなど
たくさんのご要望を受けました。
 

そのほとんどは
グラブのお手入れを正しくして
ベルト部分などのレースの穴を開けて通し直して
型直ししてあげたら解決しました。


 それなら最初からそのようになっている
指が関節なりに動くグラブを作ればいいのではないか

という結論にたどり着き
自分で作り始めました。
 

また、当時、
選手の握力を測るメーカーはなかったです。
今も聞かないですが、、、


握力を測る理由は私と比べてどれだけ違うか?知りたいのです。
弊社の手のサイズ取りの元の手は私の手です。
どれだけ違うのか?製作段階で知りたいのです。


新車も運転しやすいように
自分の体に合わせてハンドルの高さや
シートの位置を変えますよね。


目的に合わせてメーカー、車種を選びますよね。
色や価格だけで決めるのはリスクが大きいと思います。
 

 しかし、多くの方は
「購入後、1度もレースのしめ直しをしたことがない」といわれました。
購入時にも「何も具体的な説明を聞かなかった」とも言われました。
どのレースをしめたらグラブがどうなるのか?などは
誰も知りませんでした。

 

この活動の結果
県内のグラブなど道具にこだわりを持つ
選手たちがどんどん集まって着ました。
 

 
甲子園がかかった大切な試合前や
試合開催中には雨などでグラブ乾燥
レースのしめ直し、グリスいれ
新チーム用のグラブ購入などの目的で
多くの選手が駆け込み寺のようになりました。

 

お手入れ方法はほとんどが
我流で行い
そのために自分のグラブの革を傷めている選手がほとんどでした。
 

 

そこで
これらの大切な情報を
HPで少しづつ仕事の合間に私が発表していきました。
 

まだ
動画の環境も良くないので写真だらけの新聞のような記事になりました。

 

その結果、
多くの方が私のHPを参照されました。


一番多かったのが全国のグラブ販売店でした。
また全国から本気の親子や高校、中学の指導者が
来社されました。



そんなある時に
 

「私のグラブのお手入れ、レース通しの記事全てカラープリントアウトして
部室に張り出し、その結果、夏の甲子園に出場できました」という

北海道の高校野球の監督さんからお連絡を頂き
それが朝日新聞にもカラーで大きく紹介されました。

       2005年 8月5日 甲子園大会宿舎で
 

 
それがきっかけで
全国の指導者から講演依頼が入りだし
ベースボールマガジン社の編集長からの依頼で
 

「ヒットエンドラン」という月刊誌の中で
グラブ博士のグラブ基礎講座が始まりました。
カラーで見開き2ページ 5年間続きました。

 

全国の本気のお父さん、お母さんそして多くの
指導者の方とたくさん出逢えるキッカケになりました。

 

そして翌年、皆様リクエストに答えて
「グラブ・バイブル」という
日本初のグラブ本が完成しました。


その本の中で紹介されたのが
グラブの革専用のお手入れ方法と
国産のグラブ職人の技術が詰まった「ヤマトグラブ」でした。

 

当時はNHKでも「グローブ」といわれましたが
私は、アナウンサーのかたにも「ただしくは「グラブ」ですよ」
と伝えました。


これが弊社の簡単な歴史とヤマトグラブ製造のコンセプトです。


===========================
 

では、

ここで「道具学の講座」のご紹介をしたいと思います。

 
2006年発表の「グラブ・バイブル」の本の中でも書きましたが

第1の道具とは、自分の体自身

第2の道具が、グラブ・スパイク・インソール・バットなどの道具です。

 

まず

,第一の道具の「自分の体のお手入れ」をしましょう。
いい選手、結果をだす選手は皆さん姿勢がいいです。
 

姿勢がいいとは肩のライン、
腰のライン、ひざのラインが左右線対称です。

しかし私達は日常の偏った姿勢動作から
体が左右前後どちらかに偏るクセが着いています。


そこで、本来の姿勢にしましょう。

姿勢がいいと呼吸が整います。思考も整います。
物覚えも反応も良くなります。

 
●姿勢が良くなるための提案  

ヤマト一本下駄

ヤマトインソール

姿勢が良くなると
野球ひじ、野球肩などの故障やケガの予防にもなります。
姿勢がいいと勉強にも効果が出ます。

 

●第2の道具のグラブのお手入れを学ぶと
 自然に物を大切にする心が育ち感謝の気持ちが強くなります。

・グラブのお手入れは簡単  

・グラブの水分を取り除き

・汚れとりのシャンプー(コンデイショナー)

・革に潤いを与えるリンス(レザーオイル)

 

グラブを素手感覚にする方法

・ベルト部分の締め方 (レギュラー) 

・ベルト部分の締め方 (かぶせ) 

 
ヤマトグラブは,長年の研究の結果
素手感覚があります。

グラブの革の選定と革の厚みを調整するすきの技術です。


それを簡単に体感していただく方法として

ご来店できない方のために

「グラブ試着サービス」があります。

 

もっとヤマトグラブのことを詳しく知りたい方は

私のホームページ下の講座ユーチューブを見てください。 

それ以外に書籍や専門DVDもあります。

グラブノート

・グラブマスター

・グラブのお手入れ(DVD)

ヤマトグラブ工房の最新の情報がいち早く届く
にも是非ご登録してください。


グラブ、スパイクのことについてのご相談は

メール  bba@big.or.jp
電話   0743-52-1405

今後ともヤマトグラブ工房をよろしくお願いします。
大切なお友達にも教えてあげてくださいね。


BBAグラブ工房メールマガジン グラブを知り、野球の上達につなげるメールマガジン BBAぐらぶ工房からのメッセージやセミナーの情報 野球グラブにういての知識コラムなどをお送りしています。

登録 削除



292.html
 

BBA人気コラム目次
>>博士の研究室


自分で簡単メンテナンス
野球グラブ[グローブ]手入れ

 
1 野球グラブメンテナンス
 
2 グラブの汚れ落とすには
 
3 グラブ[グローブ]オイル塗り方
 
4 グラブ[グローブ]グリス入れ方
 
5 グラブを柔らかくするには
 
6 グラブ[グローブ]軽くする方法
 
7 キャッチャーミットの手入れ
レース[グラブ紐]の通し方
 
1 土手紐[レース]抜き
 
2 指先部分の[レース]の通し方
 
3 ベルト部分の紐[レース]の通し方
 
4 逆巻き[逆閉じ]の仕方
プロの職人の技術
3、野球グラブ[グローブ]修理
 
1 紐[レース]交換修理
  
1-1 指先紐・レース交換修理
  
1-2 土手上紐・レース交換修理
  
1-3 指芯止め紐・レース交換
  
1-4 あご紐・レース交換修理
  
1-5 ベルト紐・レース交換修理
  
1-6 ウェブ紐・レース交換修理
 
2 破れ修理
  
2-1 捕球面交換
  
2-2 指破れ修理
 
3 ムートン交換修理
 
4 ヘリ革修理
 
5 内袋交換修理
 
6 ウェブ修理
 
7 硬式加工
 
8 キャッチャーミット修理
 
9 グラブ職人の道具たち

YAMATOグラブについて
野球グラブ[グローブ]型付け
 
1 BBA独自の型付けについて
 
2 型付けグラブ[グローブ]の注意点
 
3 手の大きさの測り方

野球グラブ[グローブ]オーダー
 
1 オーダーとセミオーダーの違い
 
2 硬式オーダーグラブ[グローブ]
 
3 硬式オーダーキャッチャーミット
 
4 硬式セミオーダーグラブ[グローブ]
 
5 硬式セミオーダーキャッチャーミット
 
6 軟式フルオーダーグラブ[グローブ]
 
7 軟式セミオーダーグラブ[グローブ]
 
8 少年用完全別注オーダー
YAMATO野球グラブのこだわり
 
1 投手用グラブ[グローブ]
 
2 キャッチャーミット
 
3 内野手用グラブ[グローブ]
 
4 外野手用グラブ[グローブ]
 
5 ソフトボールグラブ[グローブ]
 
6 少年用グラブ[グローブ]
 
7 素材へのこだわり
 
8 独自の加工へのこだわり
  
8-1 型付けについて
  
8-2 土手刺繍
  
8-3 グラブ特殊オイル加工
  
8-4 ベルト締め加工
  
8-5 その他独自のカスタマイズ
  
8-6 加工機械の紹介
  
8-7 BBA加速上達整形インソール
 
9 YAMATOグラブの誕生秘話
 
10 指先まで力を伝える秘密
YAMATOグラブサンプル
 
1 YAMATOグラブサンプル
 
2 レザーサンプル
 
3 お手入れ用品サンプル 
BBAからのメッセージ
 
1 はじめての方へ
 
2 小4〜6の方へ
 
3 中学生の方へ
 
4 高校生の方へ
 
5 草野球の方へ
 
6 指導者・保護者の方へ
BBAグラブ工房について
 
1 会社概要
 
2 本店へのアクセス
 
3 スタッフ紹介
 
4 メディア情報 
 
5 社会貢献G-LOVE活動
 
6 BBAの歴史
 
7 リンク集
 
8 よくある質問
 
9 カタログ
 10 御問い合わせフォーム