野球をやろう!!
    BBAグラブ工房公式サイト
    野球グラブ・グローブサンプル

     

  営業10:00~19:00(水.木定休) tel&fax  0743-52-1405  Mail:bba@big.or.jp ⇒MAP 

グラブ誕生秘話

商品一覧

グラブ型付け

修理/お手入れ

グラブサンプル

博士の研究室(コラム)

7-1 はじめての方へ

 


はじめに

BBAはグラブ1つ1つの革、芯、レースなどの材料の選択を行っています。

私たちは大量生産グラブではなく、1つ1つ手間をかけて個性のあるこだわりのグラブを作っていきます。

ですので、グラブの形状や内袋の縫製方法など独特な生産方法を開発し

「対立運動」が可能な型付けを純正で加工しています。

 

長年、素手感覚、手の動きの形状記憶方法を研究してきました。

その一環として、グラブ購入者全員に2002年から

BBAグラブ診察券」や「BBAグラブドリル」、「BBAのグラブをより効果的に使う方法DVD」

(その研修を受けた専門家の相談販売スタッフ養成)のプレゼントを行い

アフターサービスとして、お里サポートを行っております。

 

BBAはグラブをより効果的に使うための捕球方法の紹介、指導までを一貫して行う 

今までにないグラブメーカーです。

 

 

BBAは「本気で上達したい」と思われている方、

グラブのことをもっともっと知りたいと日ごろから思われている方へ

選手、保護者や指導者、監督さんを応援したい、お役に立ちたいと考えています。

 


なぜYAMATOというのか?

「なぜ、硬式グラブはBBAではなくてYAMAYOブランドですか? 」

 

これはよく頂くご質問です。

 

 

YAMATO グラブは軟式と違い、「キップ革」であるという理由もありますが

大和」には大きな意味があります。

 

奈良県は「大和」と言います。

BBAがある郡山は大和郡山市です。(福島に郡山市があります)

大和西大寺、大和高田と地名に大和が付きます。

 

アメリカで生まれた野球のグラブですが、それが東洋の日本に来て

武士道、わびさび、礼儀、気配などの「倭の心」を育んで、もう1度アメリカにもどってほしい

 

 

その時に日本の倭(和)の心を持ったこだわりグラブを作りたいとあえて大和にしました。

 

正にこのネーミングが天から降りてきました。

 

 

大和とは発音も独特で濁音がありません。やさしい言葉です。

今、考ええるグラブの縫製技術、材料の厳選方法、新しい進化したお湯を使わない型付け方法など

1つ1つ手間暇、魂を込めて創造しています。

 

サンプルグラブも作っています。 革サンプルも無料でお送りしています。

是非一度、グラブを実際に持って手を通して、私たちの心を感じて下さい。

 
 


BBAグラブのこだわりと特徴

 

BBAグラブのこだわりと魅力を徹底的にみなさんにご説明します。

 

 

1.革へのこだわり

 

BBAは革にこだわっています。

BBAではおもにステアハイドを使用しています。

ステアーハイドの革は3歳以上のおとなの牛の革ですが、生まれてすぐに去勢します。

去勢する理由としては男性ホルモンをなくすためです。

男性ホルモンを無くすと肉が柔らかくなり、革も柔らかく厚くなります。

 

厚みがあるため「なめし」によって多彩な変化をさせることができる革になります。

ステアーハイドといっても素上げ革やコーティング済み革など様々な種類があります。

 


軟式・少年用はボールがゴムボールなのではじきにくいように

素上げのステアーハイド革を選別して、基本的に湯もみ型付け加工をしています。


 

2.対立運動

 

「対立運動」について少し長くなりますがご説明します。

 

まず自分の手を開いた状態(パー)から握った状態(グー)にしてみて下さい。

(親指が外側にでるように。自然に握ってみて下さい)

パーから徐々にグーにしていくと・・・

 

最終的にこのような握り方になったと思います。

 

親指は「薬指」と「小指」の方向へ向いています。(青色矢印)

 

これが手の動きの大きな特徴の「対立運動」です。

 

 

では、素手でボールを掴む時は?

(実際にみなさんもやってみて下さい。)

このように5本の指でしっかりと握るのが普通であると思います。

 

このようにボールを掴む方はおられないと思います。

 

 

ここで問題です。

 

Q.5本の指の中で「握る」という動作のうち、"重要な働き"をしている指はどれでしょうか?

という質問を答えられる人はとても少ないです。

 

 

そこで、みなさんもボールを持って実験してみて下さい。

実験1.ボールから親指を外してみて下さい。(4本の指でボールはしっかりと握って下さい。)

     この状態で他人にボールを引っ張って貰って下さい。

 

ほとんど抵抗することなく抜き取られたと思います。

「親指の支えがないとボールは握れない」という事がわかりましたね。

 

 

更に実験を続けます。

実験2.次に人さし指、中指をボールから外してみてください。(3本の指でボールはしっかりと握って下さい。)

     同様に他人にボールを引っ張って貰って下さい。

 

 

これが意外と外れません。

 

実は親指の向いている(対角)方向の「薬指」「小指」がボールを握る力を持っていたのです。

逆に人さし指、中指、親指の3本で握って実験してみて頂くとより実感できます。

 

という事で最初の答えは 「親指」「薬指」「小指」 でした。

 

 

では、グラブを持った時はどうでしょう?

捻り取りのグラブ BBAの型付け後のグラブ

 

左はよくみる「捻り取りのグラブ」です。ウェッブの下辺りで捕球するようになっています。

このグラブの中の手を表すと・・・ 

想像される捻り取りのグラブの中の手 想像されるBBAの型付け後のグラブの中の手

指の握り方はさて置き、このような位置で握っている事になります。

 

さきほどの説明の通り、捻り取りではボールを握る力が少ないです。

更に、握る力をグラブに頼っている為にグラブに負担が掛かってしまいます。

 

結果、ウェッブのレースが痛んで切れたり、革がボロボロになったりするのが比較的早くなり

握り替えもやり難いグラブとなってしまいます。

このような事を避けるためにもBBAでは「対立運動」を取り入れたグラブを採用しています。

 

 

3.手なりに動くグラブ

 

グラブを装着する時、またはグラブを外すときに詰まったり、引っかかったりしませんか?

グラブの中で手が圧迫されたりしていませんか?

 

そのようなグラブは手にストレスが掛かっていると考えています。

ストレスが掛かった状態でプレーをして選手が全力を出せないように、手も全力が出せません。

手に負担のかからない、素手のように手が動くグラブをBBAは日々研究を重ねています。

 

 

 

この「素手感覚」を知る為には、まず手の構造を知る必要があります。

 

人間の手の形(指など)は様々な形に動かすことができます。

このように薬指だけを動かしたり、1つ1つの関節を自在に操ることができます。

これがあるからこそ、細かい作業や野球もできるのです。

 

これは人の骨に重要な機能があるからです。

これは人の手首の骨です。(もちろん模型です)

青印の部分に細かい骨がいくつかあるのがお分かりでしょうか?

この部分が指の細かい動きを可能にしています。

 

 

ここで1つ実験してみましょう!

実験.青色印の部分をもう片方の手で軽く圧迫して、指を動かしてみて下さい。

 

圧迫する力にもよりますが、少し不自由になったように感じられたと思います。

という事はグラブでこの部分が締め付けられると、指が動かしにくくなり

「素手感覚」というものが失われてしまいます。

 

そこでBBAでは専門家や医者の方々に協力をして頂き

素手感覚に近いグラブの研究成果をグラブの中にギッシリと詰め込みました。

 

例えば、グラブのあご(青印)部分ですが・・・

見た目では分かりませんが、レースを通している穴の1つ1つのピッチ(間隔)も考えています。

レースの通し方1つでもグラブに手を入れた時の感覚が変わってしまいます。

 

 

 

これは捕球面の革を抜いて、刻印をしたものです。(通称:もみじ)

ここから革を縫い合わせてグラブを作り上げているのですが

BBAはグラブを作る最初から最後まで自社で行っています。

だからこそ、これだけのこだわりをグラブに込める事ができるのです。

 

4.拍手捕球ができるグラブ

 

「拍手(かしわで)」という言葉はあまり聞き慣れませんが

元は神を拝むとき、両の手のひらを打って音を立てる礼拝作法のことです。

つまり両手のひらを打って音を出せるグラブという事です。

ひらを打てるグラブはポケットがしっかりと出来ているグラブです。

手がしっかりと入る事で、スムーズに握り替えをすることができます。

 

赤線の部分にもう片方の手でひらを打って音を出せます。

「薬指」「小指」の付け根部分もしっかりとポケットができています。

 

捻り取りのグラブでは手が一部しか入らずに、拍手をすることができません。

握り替えをする際にも、手を狭く深い部分に入れるので送球までのロスが生じます。

このように「拍手捕球」のできるグラブを採用しています。

 


▼ グラブの構造から

BBAはグラブの構造からこだわりを持って、グラブを作り上げていきます。

今回は大きなパーツに注目して、内袋と外袋についてご説明します。

内袋 外袋

グラブの中身部分になり外からは見えない部分です。

私たちの手が直接触れる部分になります。

グラブの外側です。

レースやウェッブは付いていない状態のものです。

 

この内袋の上に「親指芯」と「小指芯」が乗る形になります。

これらをそれぞれ止めるレースの穴の位置でグラブの動きが大きく変わります。

 

YAMATOグラブは何度も、何度も、穴の位置(ピッチ)調整をして検証を重ねた結果

現在のYAMATOグラブとなっています。

 

(内袋と親指芯と小指芯の画像)

 

一番、肝心なのは・・・「内袋」 「親指芯」 「小指芯」 「外袋」が一体になる事です。

グリスの量、塗る場所、ヘリ革の付けかた、アイロンのかけ方などでも変化します。

 

これらの全ての兼ね合いによってグラブが完成します。

BBAではこの研究を日々行い、今のYAMATOグラブやBBAグラブとして形にしています。

  

BBA独自の「サムアップ加工」を行っています。(青印部)

これにより親指が立つようになります。

 

 これだけではありません。

さきほど説明した、親指芯や内袋、外袋にも関係があります。

BBAでは人の手を研究し、自分の「素手感覚」で扱って頂けるグラブを作っています。

もちろんYAMATOグラブだけではなく、BBAグラブにも取り入れています。

 

 


▼ フィット加工

 

YAMATOグラブではBBAグラブで行っている「湯もみ型付け」(詳細はこちら)は行っておりません。

 

革の都合上、お湯につけ 乾燥させると革が縮む場合があります。

そこで、「フィット加工」(詳細はこちら)というものを開発しました。

 フィット加工はグラブ作成段階から始まります。

YAMATOグラブの為の、YAMATOグラブにしかできない加工方法を紹介します。

 

BBAでは 随時ヤマトの革のサンプルは無料でプレゼントしています。>>お申込ページ

※サンプルはYAMATO硬式グラブの革のみとなります。BKオレンジ Bオレンジ Bマロンはいつもご用意しています。

 


湯もみ型付け

 

リーダーの湯もみ型付けの一部を紹介します。

こちらの型付けは少年用硬式、軟式、少年用のグラブを対象に行っています。

 

1)お湯につけます。

 

 

2)薬指の付け根にポケットを形状記憶させます。 様々な方法があります。

 

 

3)あごを調整します。

 

4)叩き台 叩き棒を使って捕球面をつくっています。

捕球面の革が少し伸びます。

 

 

5)対立運動が出来るように、革や芯に形状記憶させます。

 

6)指袋をつくります

ポケットの確認をします。

 


湯もみ前後の比較

 

湯もみをする前後のグラブを比較してみました。

湯もみ前のグラブ 湯もみしたグラブ
ウェッブ下部分にボールがきます。 ポケットの中央にボールがきます。

 

湯もみ前のグラブ 湯もみ後のグラブ

 

見た目の形としては変わりがないように見えますが、捕球してみると違いがよく分かると思います。

 

左側のグラブは、ご覧のように「小指」「薬指」の付け根部分にポケットがまだ出来てないので

ウェッブの下辺りでボールを捕球してしまいます。

 

一方、右側では「小指」「薬指」の付け根部分に

しっかりとポケットが出来ているため手の平部分で捕球ができます。

 


BBAグラブサンプル

 一度BBAのグラブを手に入れて体感してみたい…
 そのような方の為に、グラブサンプルサービスを行っております。

banner-sample-glove.gif←クリック

 今なら、ご希望の方には「お手入れDVD」をプレゼント中です!
 


<BBAグラブ工房のオススメ商品>


購入はこちらから 


購入はこちらから


購入はこちらから


購入はこちらから 

▼グラブ職人道具箱
BBAオリジナルグラブ職人道具箱DXには、コンディショナー・半熟オイル等お手入れに便利な道具が詰め合わせになっています。
グラブ職人が実際に使っている本格的な道具や小物をたくさんの人に使ってもらえるように考案しました。 

▼グラブコンディショナー
BBAとホワイトプロダクト社が共同開発した、素上げグラブに最適の新しい感覚のグラブローション!190ml専用グラブブラシ付き。・汚れがとれる、グラブが重たくならず、革が硬くなりにくい、カビが発生しにくくなる(必ず乾燥ケースで乾燥してから行ってください)

▼半熟オイル
グリス小の場合は、レターパックでお送り出来ます。(500円)大好評につき、お徳用も出しました。(素上げの革のほうがより浸透しますので、BBAオリジナルグラブの型付けグラブと大変効果的です)

▼グリス
グラブのうち袋と外袋を一体化しているボンドのような物をグリスといいます。
これにはいくつか種類があります。
BBAが実際に使用しているアタッチメントグリスを是非一度使ってみて下さい!


購入はこちらから 

丸型ハンマー
購入はこちらから 


購入はこちらから 

 

 ▼たたき台
現在の在庫はタンのみです。
商品により多少の色ぶれがありますがご了承ください。直径30cm

 ▼たたき棒
丸い部分でポケットを叩きます。持ち手の部分で、指袋を広げることが出来ます。

 ▼乾燥ケース
乾燥ケースだけでしたらレターパック(500円)でお送りできます。グラブは 貴方の汗や雨んど水分をすいます。貴方のグラブは何グラムですか?
このグラブ乾燥ケースは全国で多くのチームが使用しています
グラブの乾燥に、スパイク、乾燥にぜひお使いください。

 


 


BBAグラブ工房メールマガジン グラブを知り、野球の上達につなげるメールマガジン BBAぐらぶ工房からのメッセージやセミナーの情報 野球グラブにういての知識コラムなどをお送りしています。

登録 削除


BBA人気コラム目次
>>博士の研究室


1、野球グラブ[グローブ]手入れ
 
1-1 野球グラブメンテナンス
 
1-2 グラブの汚れ落とすには
 
1-3 グラブ[グローブ]オイル塗り方
 
1-4 グラブ[グローブ]グリス入れ方
 
1-5 グラブを柔らかくするには
 
1-6 グラブ[グローブ]軽くする方法
 
1-7 キャッチャーミットの手入れ

2、野球グラブ[グローブ]型付け
 
2-1 BBA独自の型付けについて
 
2-2 型付けグラブ[グローブ]の注意点
 
2-3 手の大きさの測り方

3、野球グラブ[グローブ]修理
 
3-1 紐[レース]交換修理
  
3-1-1 指先紐・レース交換修理
  
3-1-2 土手上紐・レース交換修理
  
3-1-3 指芯止め紐・レース交換
  
3-1-4 あご紐・レース交換修理
  
3-1-5 ベルト紐・レース交換修理
  
3-1-6 ウェブ紐・レース交換修理
 
3-2 破れ修理
  
3-2-1 捕球面交換
  
3-2-2 指破れ修理
 
3-3 ムートン交換修理
 
3-4 ヘリ革修理
 
3-5 内袋交換修理
 
3-6 ウェブ修理
 
3-7 硬式加工
 
3-8 キャッチャーミット修理
 
3-9 グラブ職人の道具たち

4、野球グラブ[グローブ]オーダー
 
4-1 オーダーとセミオーダーの違い
 
4-2 硬式オーダーグラブ[グローブ]
 
4-3 硬式オーダーキャッチャーミット
 
4-4 硬式セミオーダーグラブ[グローブ]
 
4-5 硬式セミオーダーキャッチャーミット
 
4-6 軟式フルオーダーグラブ[グローブ]
 
4-7 軟式セミオーダーグラブ[グローブ]
 
4-8 少年用完全別注オーダー


5、YAMATO野球グラブのこだわり
 
5-1 投手用グラブ[グローブ]
 
5-2 キャッチャーミット
 
5-3 内野手用グラブ[グローブ]
 
5-4 外野手用グラブ[グローブ]
 
5-5 ソフトボールグラブ[グローブ]
 
5-6 少年用グラブ[グローブ]
 
5-7 素材へのこだわり
 
5-8 独自の加工へのこだわり
  
5-8-1 型付けについて
  
5-8-2 土手刺繍
  
5-8-3 グラブ特殊オイル加工
  
5-8-4 ベルト締め加工
  
5-8-5 その他独自のカスタマイズ
  
5-8-6 加工機械の紹介
  
5-8-7 BBA加速上達整形インソール
 
5-9 YAMATOグラブの誕生秘話
 
5-10 指先まで力を伝える秘密

6、レース[グラブ紐]の通し方
 
6-1 土手紐[レース]抜き
 
6-2 指先部分の[レース]の通し方
 
6-3 ベルト部分の紐[レース]の通し方
 
6-4 逆巻き[逆閉じ]の仕方

7、BBAからのメッセージ
 
7-1 はじめての方へ
 
7-2 小4〜6の方へ
 
7-3 中学生の方へ
 
7-4 高校生の方へ
 
7-5 草野球の方へ
 
7-6 指導者・保護者の方へ

8、YAMATOグラブサンプル
 
8-1 YAMATOグラブサンプル
 
8-2 レザーサンプル
 
8-3 お手入れ用品サンプル 

9、BBAグラブ工房について
 
9-1 会社概要
 
9-2 お取り扱い店舗
  
9-2-1 本店へのアクセス
 
9-3 スタッフ紹介
 
9-4 メディア情報 
 
9-5 社会貢献G-LOVE活動
 
9-6 BBAの歴史
 
9-7 リンク集
 
9-8 よくある質問
 
9-9 カタログ
 9-10 御問い合わせフォーム

10、インストラクターについて
 
10-1 BBAグラブインストラクター
 
10-2 BBAグラブアドバイザー養成講座